銀座長州屋 最新入荷品 (メールマガジンご紹介商品)一覧

新商品のご案内 刀 銘 備前國長舩住上野大掾藤原祐定 七十八歳作之 寶永八年二月日

刀 銘 備前國長舩住上野大掾藤原祐定 七十八歳作之 寶永八年二月日 備前国 宝永八年(西暦1711年 江戸時代中期) 上野大掾祐定(こうずけのだいじょうすけさだ)は寛永十年七兵衛尉祐定の子として生まれ、名を横山平兵衛という。藩主池田光政公の推挙で上京し、寛文四年七月十一日に上野大掾を受領。末弟で養子の七兵衛祐信(後の大和大掾祐定)を向槌に精力的に鎚を振るい、元禄十年、六十五歳になってもなお藩主綱政の命に応えて備前一宮吉備津彦神社の刃長七尺三寸茎長五尺の奉納刀を打ち上げるなど、作刀への意欲は終生衰えることはなかった。 宝永八年七十八歳行年銘入りのこの刀は、身幅重ね充分で両区深く、腰反り高くついて中鋒に造り込まれ、さながら鎌倉時代の太刀を想わせる上品な姿。 茎の保存状態は良好で、銘字は弟七兵衛祐信の手で入念に刻されている。隣国備中青江の如くにとの注文で精鍛された、直刃出来の佳品である。 無料メールマガジンのお申し込みはこちら。

新商品のご案内 脇差 銘 近江守忠吉(六代)

脇差 銘 近江守忠吉(六代) 黒蝋色塗鞘脇差拵入 肥前国 寛政頃(江戸時代後期) 約二百二十年前 元文元年に生まれた近江守忠吉は宗家六代目で先代の次男。最初は忠廣銘を用い、家督を受け継いで以降は忠吉の銘を切り、寛政二年に五十五歳で近江守を受領、肥前刀の伝統を守り、祖父や父と同じ八十歳の長命を全うしている。 寸法長めに仕立てられたこの脇差は、元先の身幅が広く鋒延び、適度に反りが付き重ねしっかりとして鎬が高く、棟も高く鋭い印象の造り込み。さらに生ぶ刃が残された健全な体躯である。 美しい肥前小糠肌に直刃に浅い湾れを交えた刃文は、忠吉家が最も得意とする構成。 付されている拵は、牛馬図金具で装われた奇麗な出来。朧銀地に赤銅地高彫の牛を据紋した小柄を添えている。 ~~新入荷情報~~ Ginza Choshuya Finesword k3212 鐔 無銘(刀匠) 炭目文に水玉小透図(11/24) 無料メールマガジンのお申し込みはこちら。

新商品のご案内 短刀 銘(繋ぎ九つ目紋)宮津住運壽俊胤 文久四年二月日

短刀 銘 (繋ぎ九つ目紋)宮津住運壽俊胤 文久四年二月日 笛巻塗鞘小さ刀拵入 丹後国 文久四年(西暦1864年 江戸時代末期) 155年前 俊胤(としたね)は江戸の石堂運壽是一に学び、丹後宮津藩本庄家に仕えた。同地には大慶直胤門で、嘉永頃活躍した八木沢忠蔵正俊(注)がおり、また直胤自身も駐鎚している。 この短刀は、身幅が広い割に寸法がやや詰まって無反り、ふくらやや枯れ、鎌倉時代の短刀を想わせる端正な姿。 市松模様を想わせる繋ぎ九つ目紋は丹後宮津藩七万石の本庄家の定紋。この紋所が黒茶漆笛巻塗鞘の拵の蘇東坡図鐔と山水人物図縁にも金の平象嵌で表わされている。 ~~新入荷情報~~ Ginza Choshuya Finesword k3208 鐔 無銘 赤坂 案山子透図(保存刀装具鑑定書 赤坂)(11/11) 無料メールマガジンのお申し込みはこちら。

新商品のご案内 脇差 銘 播磨守輝廣作

脇差 銘 播磨守輝廣作 尾張国 - 安芸国 寛永頃(江戸時代初期) 約380年前 文禄四年に尾張清洲城主となった福島正則は、幼少より秀吉に仕え、賤ケ岳、四国攻め、文禄の役等で戦功を上げ、天下分け目の関ヶ原の戦では東軍の大勝利に貢献し、慶長五年に安芸と備後の四十九万石を領した。播磨守輝廣(はりまのかみてるひろ)は正則が清洲時代に召し抱えた刀工。千軍万馬の将福島正則の尚武に応えて手掛けた沸出来の刀は相州上工を想わせて世評高く、江戸初期屈指の名工として刀史に名を刻している。 この脇差は、寛永初年頃の作とみられ、身幅広く元先の幅差が殆どなく、重ね厚く鎬筋強く張り、充分に反って鋒大きく延びた、同時期特有の剛毅な姿。 地鉄は板目に杢。地景太く入り、小粒の地沸厚く付く。 刃文は互の目を交えたゆったりとした湾れ。刃境に湯走り、細かな金線、砂流し掛かり、太い沸足が溶け込むように入る。刃中に立ち込めた沸の粒子で照度は抜群に高い。 茎の保存状態は良好で、目釘穴の下棟寄りに堂々と刻された太鑚の六字銘も播輝(はりてる)の掟通り。 無料メールマガジンのお申し込みはこちら。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebook Basic Square