​ 日本刀専門店銀座長州屋がご紹介する鐔、目貫、縁頭、小柄、笄、揃金具などの刀装具を種類別にまとめた商品検索ページです。ご要望のお品がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。(価額税込)

Copy right Ginza Choshuya

検索には常用漢字をご利用ください。
丸龍図大小縁頭 銘 菊岡光利(花押)

保存

 菊岡光利は光政の子で佐平治と称す。沾遊と号し、俳諧にも通じて江戸の文化を体現した粋人である。横谷流の華やかな構成になる正確精巧で緻密な彫刻表現を得意としたが、この大小揃いの縁頭は式正の大小拵の備えとしたものであろう、後藤家の龍神図に倣った作風で風格がある。背景の魚子地も粒が小さく整い、縦に揃って清浄感に満ちた強い光沢を呈している。家紋のように引き締まった丸龍は細やかな彫刻ながら鱗や鰭が鋭く量感があり、色金を用いずに目玉のみが金色絵で漆黒の中に輝きがある。

Mitsutoshi

300,000

丸龍図大小縁頭 銘 菊岡光利(花押)

地紙散図縁頭 銘 桂永寿(花押)

保存

 桂永寿は筑後久留米の出身。江戸の横谷英精に彫金を学び、業成って故郷に開業、有馬家に抱えられたが、更なる研鑽を目的としたものであろう再び江戸に出ている。この縁頭は、横谷宗珉が得意とした片切彫を駆使し、図中図の如く散し配した地紙に獅子、馬、牡丹など宗珉伝の各図を彫り表して洒落た風情が漂っている。地紙部分は鮮やかな金と渋く落ち着いた光沢の強い銀による厚板の象嵌。繊細ながら力強い鏨使いで各場面が鮮明。

Eiju

250,000

地紙散図縁頭 銘 桂永寿(花押)

やすらい祭図縁頭 銘 長常(花押)

特別保存

 花の咲き始める頃の京都今宮神社において、鉾に花飾りつけた大きな笠を持ち、赤毛と黒毛の鬼が太鼓と鉦を打ち鳴らすなど、疫病退散を願って奉納されたのがやすらい踊。その後近隣の街や村々を練り歩いたもので、花笠の下に入ると厄が去るといわれ、人々は花笠の周りで踊り、競って笠の下に潜り込んだという。この縁頭は、激しい踊など動きのある人物を彫り描くを得意とした一宮長常の特徴顕著な作。上質の朧銀地を平滑に仕上げ、金銀素銅赤銅の平象嵌を施し、強弱変化に富みしかも動きのある片切彫で人物の細やかな表情まで彫り表している。京の文化が記録された名品である。

Nagatsune

-

やすらい祭図縁頭 銘 長常(花押)

蝦蟇仙人図縁頭 銘 葛龍軒直親

特別保存

 直親は清兵衛と称し、浜野矩随に学んだ遠山直随の門人。江戸時代の歌舞伎などで人気のあった『自来也』は、この蝦蟇仙人を発展させた物語。武家においては古典に学ぶところがあり、また仙人図も広く好まれたことから、鉄拐仙人図などと共に装剣小道具に描かれることが多い。この縁頭は、色合いに深みのある朧銀地を肉高く彫り出し、あるいは鋤彫に色絵を加えて立体感を高め、浜野派独特の人間味のある描写としている。

Naotika

-

蝦蟇仙人図縁頭 銘 葛龍軒直親

月時鳥に仕丁図縁頭 銘 長常(花押)

特別保存

 夜明け前の白んできた空をふと見上げると、時鳥の陰影が過ぎる。片切彫平象嵌や高彫色絵象嵌の手法が殊に優れた一宮長常の、古歌に題を得たものであろうか情感溢れる作品。朧銀地を平滑に仕上げ、時鳥を目で追う仕丁の姿を微妙な高彫ながら立体感に溢れる優れた描写とし、時鳥は鋤彫と毛彫。まだ朧な山陰は片切彫、松樹の陰影は片切彫に赤銅の平象嵌、三日月は銀の平象嵌。人物の顔を素銅で彫り出し、目の動き、皺や髪の毛まで丁寧に彫り表しており、殊に半ば口を開いた様子は、あっという声さえも聞こえそうな描写である。

Nagatsune

-

月時鳥に仕丁図縁頭 銘 長常(花押)

猛虎図縁頭 銘 桂正長

保存

 桂正長は越後国村上に生まれる。名を栄治という。後に出羽国庄内に移住。遊洛斎赤文の実兄である。号鷺州。​ 桂正長の猛虎図縁頭。地金は上質の赤銅地。縮緬石目仕立てとされ、しっとりとした光沢がある。肉高く彫り描かれた虎は朧銀色絵が施され、細かな毛彫で体毛が描かれ、眼光鋭く、生気凛々。縁は流水図。品格ある美しい作品に仕上がっている。

Masanaga

135,000

猛虎図縁頭 銘 桂正長

瀧不動図縁頭 銘 東海林勝言

特別保存

 黒く光沢の強い鉄地を厚手に仕立て、いわばの景観を肉彫を肉く彫り出すと同時に彫り込みを深く処理し、高彫象嵌になる不動明王と二童子、深山を分け入る修験者などを立体写実描写している。不動明王は五分程の大きさだが、金象嵌による火炎に浮かび上がる構成で、細部まで精密、顔が厳しい一方で衣服はしなやか。流れ落ちる瀧の描写や岩肌の笹も動きがある。勝言は、精巧で緻密な高彫表現になる石公張良図鐔を遺す名工。

Katukoto

-

瀧不動図縁頭 銘 東海林勝言

大森彦七図縁頭 銘 親随

保存

 平石親随は奈良派と浜野派に学んで双方の作風を採り入れ、魅力ある作品を遺している。活躍の場は越中国富山で、明治に入ってから高岡で銅細工に従事したという。この縁頭は、正確で写実的な描写と、動感豊かな構成から生み出される迫力が要点。朧銀地を肉高く彫り出し、歌舞伎の一場面や浮世絵を見るように人物を組み合わせ、鬼女と大森彦七を主題とすることから生命感と表現するのは当たらないかもしれないが、細部まで丁寧な処理で生気に溢れている。見どころは高彫だけでなく、要所に施された平象嵌も繊細で美しい。
保存刀装具鑑定書

Shinzui

-

大森彦七図縁頭 銘 親随

玩具図縁頭 銘 寛親(花押)

特別保存

 降り積もった雪が朝日を受けてキラキラと輝く。雪の結晶の観察には拡大鏡など必要としないが、気温の上昇と共に溶け、子細に見ようと顔を近付けただけも体温で溶けてしまう。そんな儚い存在であるが故に、しかも自然が造り出した繊細な美を秘めているため、江戸時代にはこの文様が大いに流行している。これはまた、八郎兵衛家六代目の後藤一乗の得意とした意匠であった。極上の赤銅地を浅い切り込みのゆったりとした障泥木瓜形に造り込み、地荒らし風に積もった雪を表現、この上に降り掛かっているかのように雪の結晶を丁寧に彫り描いている。裏面は雪華を下に布置している。 
特別保存刀装具鑑定書 

Hirochika

300,000

玩具図縁頭 銘 寛親(花押)

竹林に孔雀図縁頭 銘 後藤光儔(花押)

保存

 後藤宗家十四代光守は光理の子で元文五年に江戸京橋に生まれた。はじめ光儔と銘し、明和八年に兄光孝の養子となり、天明四年に宗家の家督を相続している。後藤家の伝統的な作風に加え、特別な注文によるものであろう縁頭の製作や町彫風の瀟洒な作品をも遺している。この縁頭が良い例で、下地は赤銅地を浮かび上がらせる性の良い朧銀地。綺麗に揃った魚子地に仕上げ、くっきりと彫り出した孔雀の身体は赤銅に金の色絵、背景の笹はすっきりとした彫口で、要所に施された金の色絵も鮮やか。 
保存刀装具鑑定書

Mitsutomo(Mitsumori)

-

竹林に孔雀図縁頭 銘 後藤光儔(花押)

河骨図縁頭 銘 濱野保随

保存

 阿波徳島蜂須賀家の抱工濱野保随の精巧な彫刻。鉄地に浮かび上がるような立体的高彫象嵌で、黒々とした鉄地に深みのある赤銅と鮮やかな金が活きた画面となっている。特に河骨のゆったりとした茎から葉にかけての構成線は妖艶で、加えられた毛彫も繊細。保随は直随と矩随に学び、各地を巡って取材した努力家。
保存刀装具鑑定書

Ysuyuki

180,000

河骨図縁頭 銘 濱野保随

飛龍図縁頭 銘 如泉(花押)

保存

 杉浦如泉は久蔵と称し、如竹の高弟。師風の高彫に加え、平象嵌を得意とした。この縁頭は、線画ながら激しい空間描写で表現したもの。下地は深みのある朧銀の磨地で光沢強く、龍神の身体と雲の線描は鮮やかな金と独特の色調を呈する黒化した銀で、火炎は緋色銅で鮮やか。要所に散らされた金真砂象嵌も美しい。 
保存刀装具鑑定書

Jyosen

-

飛龍図縁頭 銘 如泉(花押)

魚尽図縁頭 無銘 尾張七宝

保存

 江戸後期 尾張国赤銅魚子地高彫七宝象嵌縁三八㍉頭三一・八㍉特製落込桐箱入 平田家の七宝は遍く知られているところだが、江戸後期の天保頃に尾張国海東郡服部村(現愛知県あま市七宝町)の梶常吉が、輸入された七宝製品を研究し、独自の七宝を完成させ、後に京において洗練美を極めた並川七宝へと受け継がれている。本作は赤銅魚子地に素銅地で魚の形を彫り出して多彩な七宝を流し込み、縁を金色絵で装った作品。

Owari shippo

300,000

魚尽図縁頭 無銘 尾張七宝

笹瀧獅子図縁頭 銘 竹裏軒良則(花押)

保存

 獅子の身体は四ミリほどの高さ。迫力のある高彫表現が魅力の唐獅子図縁頭。描かれている総ての要素が立体的で、頭は鼻繰形を想わせるほどに突出。身体を包む巻き毛や揺れる尾も動感があり、四肢とその爪先の力感、窪んだ眼窩とその中の厳しい目、笹が茂り苔生す岩、流れ落ちる瀧水、飛び散った水滴までもくっきりと彫り出されている。

Yoshinori

400,000

笹瀧獅子図縁頭 銘 竹裏軒良則(花押)

Ginza
Choshuya

日本刀専門店

月曜日ー土曜日 
9:30−17:30

〒104-0061 東京都中央区銀座3−10−4

電話番号 : 03-3541-8371
FAX : 03-3541-8379
株式会社 銀座長州屋

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード