top of page
​ 日本刀専門店銀座長州屋がご紹介する鐔、目貫、縁頭、小柄、笄、揃金具などの刀装具を種類別にまとめた商品検索ページです。基本的に価額表記のないものは売約済、もしくは非売品です。ご要望のお品がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。(価額税込)

Copy right Ginza Choshuya

検索には常用漢字をご利用ください。
鼓図鍔(鐔) 銘 城州西陣住 正阿弥政徳作

鼓図鍔(鐔) 銘 城州西陣住 正阿弥政徳作

Masanori

 鏡のように光沢を放つ鉄磨地に小鼓を高彫象嵌し、それと相対する位置に締緒を配し、得意の糸透とした雅な趣の鐔。インドを発祥とし、中国経由で伝わった鼓は、雅楽、能楽、歌舞伎と日本の伝統芸能に欠かせない楽器である。打面は朧銀地に赤銅色絵。胴は花唐草文様を金銀の布目象嵌。空間を贅沢に使い糸透が軽やかな曲線を描く。和楽器は教養の象徴。大きな音が鳴ることから、「物事が成る」という縁起の良い文様である。織物の町、西陣の金工政徳ならではの美しい作である。

特別保存

200,000

茶筅・茗荷・菊花・雁金繋透鍔(鐔) 無銘 赤坂

茶筅・茗荷・菊花・雁金繋透鍔(鐔) 無銘 赤坂

Akasaka

 深い色合いの鍛え良い鉄地は大振りで堂々とした菊花形。茶筅、茗荷、菊の花弁を雁金で繋いだ伝統的な赤坂鐔の意匠であるが、どことなくモダンな印象を受ける。それぞれの文様の大きさと配置の妙か。互いに交差するうっすらと肉を付けた菊の花弁が大きな存在感を放つ。

保存

135,000

芦雁図鐔  銘 浩然居光中(花押) 明治二巳夏應石澤影壽君需

芦雁図鐔  銘 浩然居光中(花押) 明治二巳夏應石澤影壽君需

Mitsunaka

 嚮山光中は鷲田慎吉と称し、多彩な色金を組み合わせた精巧で緻密な平象嵌を得意とした名工。この鐔では、鉄地を用いて晩秋の水辺の風情とし、抑揚変化のある地面を微細な石目地に仕上げて霧の起ち込めた中に主題が浮かび上がるように表現している。金朧銀の平象嵌と繊細な毛彫による芦は水に揺れるように、雛鳥を目掛けて舞い降りる雁もまた繊細な毛彫平象嵌で羽毛までも再現。裏面は芦のみで、穂を金と銀の平象嵌で描き分けているのも味わい深い。 

特別保存

-

鳩に鏃図鍔(鐔) 銘 後藤光久(花押)

鳩に鏃図鍔(鐔) 銘 後藤光久(花押)

Mitsuhisa

 切込みの浅い木瓜形を打ち返し耳とした一乗派が得意とする造り込み。陶板のように光沢のある鉄地には鳩と鏃の高彫象嵌。空には棚引く雲が金と赤銅の直線で簡潔に表わされている。写実的な鳩と鏃との異なる表現方法が興味深い。鳩は八幡宮を、弓矢は八幡太郎義家、あるいは武士そのものを連想させるが、本作は弓矢ではなく散らばった鏃である。一乗派には朽ちた木材や古瓦を散らし置いた図の鐔がある。光久も得意とした画題で、動乱の時代の影響か、無常観や寂寥感、郷愁を誘う。制作年はわからないが、本作もやはり世情を反映して、一つの時代の終わりを暗示しているのではないか。そう考えると大和絵風の雲にも何か含みがあるようにも思われる。光久は後藤一乗の兄是乗(光凞)の子で治左衛門家の六代目を襲った。一乗に似た作風の上手である。

特別保存

230,000

結綿透鐔 銘 尾州山吉兵〔桜花刻印〕

結綿透鐔 銘 尾州山吉兵〔桜花刻印〕

Yamakichibei

 円弧の毛彫りに点刻、槌目を施した地造りは陰影に富み、信家の影響を色濃く感じさせる。左右対称の陰透は、耳長兎を連想させるが、真綿を紐で束ねた結綿(ゆいわた)を意匠化したもの。慶事の引き出物や神前への供物として使われた。本作は、銘に桜花の刻印を打つことから「桜山吉」とも呼称される三代目山吉兵の鐔。江戸時代中期を代表する尾張の鐔工として戸田彦左衛門、福井次左衛門とともに「元禄三作(または「寛文三作」)の一人として賞美されている。
特別保存刀装具鑑定書(耳長兎図鐔)

特別保存

-

香炉・松皮菱紋透鍔(鐔) 無銘 金山

香炉・松皮菱紋透鍔(鐔) 無銘 金山

Kanayama

 掌に収まってしまう小さな鐔である。しかしこの中に時代の上がる金山鐔の魅力がギュッと詰まっている。滑らかな感触で、黒味を帯びた鍛えの良い地鉄には一際黒く粒状の鉄骨が現れている。引き締まった縦長四ツ木瓜形の耳は厚く、切羽台に向かってやや薄くなる中低の造り込み。入隅に猪目透を配した意匠は鎌倉期の太刀鐔の様式でもある。切羽台は刀への装着の際に赤銅で補完したもの。透の一部に割れや欠けが見られるが、数百年をかけて、この鐔が代々の所有者にいかに愛好されてきたかを如実に物語っている。金山鐔と称されるものの中で最も時代の上がるものであろう。

特別保存

-

牡丹散図鐔 銘 木国鎮斎〔金印〕

牡丹散図鐔 銘 木国鎮斎〔金印〕

Chinsai

 大振りの隅入木瓜形は浅い打ち返し耳でゆったりとした趣。鍛え良く艶のある鉄地は陶板を思わせる質感。深く浅く全面に施された槌目の陰影、刻印風に深く彫り込んだ牡丹の花弁と葉は、少し遠ざけて眺めると霧の中に浮かぶ牡丹の花園といった風情。まさに仙境、夢幻の光景である。鎮斎は、紀州藩の抱え工上田正喜と同人。

特別保存

-

蜘蛛の糸透鐔 無銘 神吉

蜘蛛の糸透鐔 無銘 神吉

Kamiyoshi

 八角形の蜘蛛の巣を菊花形で囲んだこの意匠は林家、神吉家に見られるもの。精良な地鉄は黒味が強く強靭な印象。櫃穴と放射状に広がる縦糸の線は細く、らせん状の横糸はそれよりも太い。透かしの線は垂直で心地良い緊張感を漂わせている。「知勇図」は知略をめぐらす蜘蛛と勇を誇る蜂の図。では、美しい菊花と蜘蛛の巣は何と呼ぼうか。精緻で美しい透鐔である。

-

75,000

月に時鳥図鍔(鐔) 無銘 東龍斎派

月に時鳥図鍔(鐔) 無銘 東龍斎派

Toryusai school

 大振りの撫角形はほんの少し下部が張り、全面に槌目を施して打ち返し耳となる。江戸後期の東龍斎派によくみられる手法。表側には月光に輝く雲間を鳴きながら飛ぶ時鳥。夏を告げるこの鳥の初音を聞こうと古人は一晩中起きていたという。何とも優雅なことだ。とはいえ、本作の時鳥は、喉も裂けよ、とばかりの必死の形相にも見える。「不如帰去」と血を吐くまで鳴いたという杜宇の伝説を想起させる。裏面は銀象嵌の大きな朧月。初夏の花、卯の花や橘と共に歌に詠まれる時鳥。橘の香る月夜の情景を切り取った作。

保存

75,000

竹生島図鐔 銘 山城国伏見住金家

竹生島図鐔 銘 山城国伏見住金家

Kaneie

 金家は、禅に題を得た図柄や、達磨、李白など歴史的な人物を鐔に彫り描いたが、同じ鐔面に金家が生きた時代の京都周辺の風景を採り入れているものがある。主題も、歴史や伝説といった時の彼方のものばかりではなく、飛脚図や曳舟図のように、より身近な出来事への興味をも示していると思われ、同時代の装剣小道具の製作者の中においては歴史を研究する上でも興味深い作品を遺した識者で、特異な存在と言えるであろう。
 この鐔は、京にほど近い近江国琵琶湖が舞台とされた謡曲『竹生島(ちくぶじま)』を主題とした作。『竹生島』は室町時代初期の金春禅竹作と伝えられ、明るく軽快な内容が好まれて演じられたという。
 古甲冑師鐔のように鍛えの頗る良い鉄地は、叩き締めた鎚の痕跡が明瞭に残されて景色となっている。この鍛え肌も拳形とも呼ばれる独特の形状と共に金家の特質。さらに、打ち返された耳が抑揚変化し、鐔という画面を無限の空域へと連続させている。表は琵琶湖畔で左手網(さであみ)を肩に小鮎漁に向かう海女姿の弁財天。謡曲『竹生島』では老漁師と海女が主題とされているが、金家は実際に取材した海女一人を、遠く眺める山並みを背景として印象深く彫り描いている。足元は砂浜に寄せる波であろう、微かな毛彫表現。一方裏面は夜の湖面。謡曲『竹生島』よりイメージした、月に輝く湖面を跳躍する兎。いずれも鍛着部が判らないほどに精巧な共鉄象嵌(ともがねぞうがん)。僅かに銀象嵌を加えている。
金家が見たのは、そして彫り描いた月は、伝説と現実が交わる夢玄への入口に他ならない。

-

-

三盛角紋透かし図鐔 無銘 古甲冑師

三盛角紋透かし図鐔 無銘 古甲冑師

Ko-kacchushi

 カランと乾いたような響音を呈する鍛え強い鉄地を平坦に仕立て、簡潔な透かしを施して装飾とした、戦国武将好みの鐔。薄手に仕立てられた鉄地の色合いが黒く、鍛えた鎚の痕跡によって渋い光沢があり、耳は打ち返しによって桶(おけ)底(そこ)に仕立てられて緊張感に満ちている。甲冑師(かっちゅうし)鐔は、耳を桶底状、あるいは環状(かんじょう)構造にすることによって堅牢さが高められている。この鐔は小柄笄の櫃穴もなく、質素でありながら力強さが魅力の一枚である。

特別保存刀装具鑑定書(古甲冑師) 

特別保存

-

瓢朝顔図鐔 銘 信家

瓢朝顔図鐔 銘 信家

Nobuie

 桃山三名人の一人に数えられている信家(のぶいえ)は、永禄から天正年間の尾張清洲で活躍した信家以降複数人の存在が考察されているが、戦国時代という背景から活動の記録が極めて少ない。このように在銘作が遺されている割りに謎めいた存在である点も魅力の一つで、江戸時代から既に研究の対象とされている。作行は、切羽台に比較して耳際の厚い頑強な鉄地の仕立てで、文様の打ち込みや毛彫、筋彫などを組み合わせた簡潔ながら複雑な描法。図柄は葡萄や瓢箪、朝顔など蔓様の植物を唐草風に鐔全面に施したものが多く、また、鋤彫により御題目文字などを加えた作もある。これら毛彫鋤彫が、錆び色黒く光沢のある地鉄に現れた鉄骨(てっこつ)など素材そのものの働きと複合し、地相に動感を生み出しているところが見どころ。特に初期の作には室町時代の甲冑師鐔にも通じる素朴な美観が備わっており、時代の降った写し物にはない景色が愛鐔家垂涎の的となっている。
 この鐔が典型。銘は所謂放れ銘。古くから戦国時代の実用的な拵に合うと評価されているようにバランス良く、強い衝撃にも耐え得るよう耳際を厚くした構造も覇気に富んでいる。鍛えた鎚の痕跡を残す地面も、色合い黒くねっとりとした渋い光沢で一段と強味が感じられる。耳の所々に現れているさらに色の黒い鉄骨には山吉兵の鐔に見られる小さな炭籠りを想わせる働きも窺え、地の抑揚に能動的変化を与えている。図柄は夏の陽を受けて無限に蔓を延ばして行くかのような、永遠の生命を暗示する瓢箪と朝顔。この両者は信家を説明する上で外すことのできない図で、ここでも地肌に溶け込むような素朴な毛彫の組み合わせとされている。

特別保存

-

五三桐紋散唐草象嵌鍔(鐔) 無銘 平安城象嵌

五三桐紋散唐草象嵌鍔(鐔) 無銘 平安城象嵌

Heianjo zogan

 耳際を鋤残し、土手耳風に仕立て、四隅に猪目小透を配した大振りの十字木瓜形。全面に真鍮唐草象嵌を施し、銀、素銅、真鍮地からなる五三桐紋平象嵌を散らし置いた典型的な平安城象嵌の手法。黒味の強い地鉄に色彩豊かな色金が映える。

-

145,000

雁金輪透図鐔 無銘 甲冑師

雁金輪透図鐔 無銘 甲冑師

Kacchushi

 甲冑師鐔には耳が立体的に仕立てられた簡潔な板鐔と、細い筋で耳と切羽台を繋ぐ車透状の構成からなる作がある。この鐔では、鐔の装飾としては古くからある雁金(雁の連なって飛翔する様子を文様表現)繋ぎとしている。鉄地はカランと乾いた響音を成す古調な素質。大振りながら操作性の上から透かしで軽量化を図っている。鉄色は黒く渋い光沢があり、表面には鍛えた鎚の痕跡が遺されている。

特別保存

330,000

遊戯獅子図鍔(鐔) 銘 長﨑之住勘治作之

遊戯獅子図鍔(鐔) 銘 長﨑之住勘治作之

Kanji

 七頭の獅子が群れ遊ぶさまを布目象嵌で表現したユーモラスで躍動感ある作。それぞれの獅子の目線を追っていくだけでも楽しい。特に毬を掴んで齧っている素銅の獅子とその獅子の腰に噛みついている子供の獅子が見交わす目と目のやり取りが面白い。犬や猫を複数で飼ったことがある人ならよくわかる光景だろう。長崎という土地柄であろうか、異国情緒漂う南蛮様式の布目象嵌を得意とした勘治。金は色味を変え、体には毛彫で丸を描き巻毛を表している。尾や鬣の線描写は細く引き締まり、爪の先に微かに銀を施した入念作である。いわゆる南蛮と呼称される鐔は全て無銘であるが、この鐔のように長崎の居住地と自らの銘を刻した作例は極めて少ない。

保存

220,000

紋様散透鍔(鐔) 無銘 古甲冑師

紋様散透鍔(鐔) 無銘 古甲冑師

Ko-Kacchushi

 大振りで薄手、時代の上がる、古甲冑師と呼称される鐔。
叩き締められた鍛えの良い地鉄は指で弾くとカランと乾いた音がする。陰に透かされた紋様は、雲であろうかそれとも花びらであろうか。極限まで細く透かされた曲線にも力が漲る。陰影のある表情豊かな地鉄に現代美術の抽象表現のような透模様が実に面白い。全て曲線で構成された紋様だが、手強い印象を受けるのはさすがに実用の時代の古甲冑師鐔ならではである。

特別保存

250,000

大根図鍔(鐔) 銘 国永

大根図鍔(鐔) 銘 国永

Kuninaga

 大振りでほぼ真丸形の堂々とした鐔である。独特の杢目鍛えが地模様となり、鋤き残した土手耳にもはっきりと表れている。杢目鍛えの流れに呼応するように表裏相対するよう配された大根。浅い鋤出彫りで葉脈やひげ根を表し、柔らかく瑞々しい様子が伝わりくる。この鐔を更に印象深く面白いものにしているのが大小様々に散らされた円の透かしである。このポップな感覚はどこから来たのだろう。国永に関しては、詳らかでない部分も多いが、『刀装金工辞典』によると、「高木氏。幕府直参の武士でその慰作。杢目鍛えの鉄鐔を多く作る。」という記述がある。また、日本美術刀剣保存協会和歌山県支部発行の『紀州の刀装具』では、紀州藩の史書『南紀徳川史』に「天明(1781年~1788年)頃に高木十兵衛を名乗る藩工が紀州で活躍したことが記録として残っており、現に国永には紀州住国永や高木国永といった居住地や高木姓を刻した鐔も現存する。」とある。

保存

-

秋草図鐔  銘 長州萩住幸光作

秋草図鐔  銘 長州萩住幸光作

Yukimitsu

 長州鐔工は植物の図を正確な構成で精巧緻密な高彫表現とするを特徴とした。磯部(五十部)幸光は源之充と称し、文久から慶応の年紀作を遺す名手。本作は、晩夏から初秋にかけて野を彩る植物を生け花のように巧みに組み合わせた、構成美に優れた作。いずれも肉高く彫り出して地を平坦に仕上げ、図の際を切り立つように仕立て花々をくっきりとさせ、微細な筋彫で葉脈を彫り表わし写実美を極めている。色金を用いなくても色彩が感じられる作品である。

特別保存

250,000

三聖吸酸図鍔(鐔) 銘 直丈

三聖吸酸図鍔(鐔) 銘 直丈

Naotake

 過剰と思えるほどの装飾だ。点景、背景、装束の文様が色味を変えた金象嵌で隙間を埋め尽くすようにちりばめられている。この作品の主題を装飾に埋もれさせて隠したがっているのではないかと思うほどだ。
 大振りの鉄地竪丸形の中央に薄肉彫りで酢の入った大甕を据え、それを囲むように釈迦(仏教)、孔子(儒教)、老子(道教)の三聖人が立っている。何やら楽しそうで、特に中央の釈迦は歯を見せて大笑いしている。「三聖吸酸(さんせいきゅうさん)」または「酢吸三教(すきゅうさんきょう)」と称されるこの図は、誰が舐めても酢は酸っぱいように、教義や宗教が違っても真理は一つであるということをわかりやすく表している。室町時代に中国から伝えられたこの図は禅画で好まれ、後に寺社建築の彫刻にも採られている。裏側は鋤き出された岩の間を清冽な水流が迸る。清らかな水の流れを遠近、高低で奥行きを出した金象嵌の草木が鮮やかに彩っている。
 武陽住と銘する直丈は、作品の類例は少ないが、本作の見事な象嵌技術や表情豊かな人物描写を見れば優れた金工であったことがよくわかる。

特別保存

280,000

左右笠透鍔(鐔) 銘 八代甚五作 茂永

左右笠透鍔(鐔) 銘 八代甚五作 茂永

Shigenaga

 甚吾茂永は神吉深信と同時代に活躍した志水派の掉尾を飾る名工。先祖伝来の優れた写しものや独創性あふれる印象に残る作を生み出した。竪丸形の鉄地は切羽台から徐々に肉を落とし、耳に向かって再び肉付きをよくする布袋腹のような造り込み。左右を大きく笠透とし、表は銀線象嵌、裏には真鍮線象嵌を施している。銀線象嵌は、敢えて所々象嵌を入れておらず、切れ切れになっており、古雅な趣を感じさせる。同時に、未完成のもの、満開の桜より咲きかけの蕾を愛でる、禅や茶の湯の美に対する姿勢をも垣間見せている。

保存

150,000

松樹騎馬菊水図鍔(鐔) 銘 法安

松樹騎馬菊水図鍔(鐔) 銘 法安

Hoan

 大振りで光沢のある鍛えの良い鉄地。自然光で見るとやや赤みを帯び、所々黒味の強い錆色を呈する。薄手の造りだが、耳には数条の合わせ鍛えの跡を見せる。腐らかし(*)の技法により独特の雅味のある薄肉彫りを得意とした法安。絹糸よりも細い線は、溶けて消え入りそうでありながら確かに存在し、時に激しく渦を巻き飛沫を上げる。関連性があるのかないのか、画面に散りばめられた紋様は、菊水、菊の葉、海老(髭が異様に長い)、松、騎馬人物である。菊、海老、松は不老不死、延命長寿の祈念であろう。疾駆する馬と手に長い棒状のものを持った人物は何を表しているのか。そもそも全てに意味を見出そうとする姿勢にも問題があるのかもしれない。光の当たり方で鮮明にも見える薄肉彫りは、陽炎越しに景色を見ているような不思議な感覚が心地良い。法安は山吉兵とほぼ同時代に活躍し、共に尾張における在銘鐔の先駆けとなった名工である。
(*)腐らかし 鉄鐔における彫刻技法のひとつ。文様のところに耐酸性の塗料を塗っておき、その他の部分を腐食させ、文様を浮き上がらせたもの。焼手腐らかし、腐食彫りともいう。

特別保存

-

風神雷神図鍔(鐔) 銘 奈良重治作

風神雷神図鍔(鐔) 銘 奈良重治作

Shigeharu

 風袋をいっぱいにはらませて天翔ける風神は、どこか憎めない愛嬌たっぷりの姿かたち。体の中心を最も高くし、彫り口は垂直、際を滑らかに仕上げ、柔らかさを出している。逆立つ髪の間からのぞく角、牙、風袋の文様などは金の本象嵌。激しく波立つ海と渦巻く雲、その間にある透が空間に広がりを生み出している。雷神は雲の中の留守模様か。雷文を崩した稲光の表現がモダンで面白い。色味を変えた金平象嵌は本象嵌である。耳には赤銅の縄目覆輪がかけられ、拵装着時の美観も考慮されている。重治は奈良派三代目利永の門人。同じ絵風でも正阿弥派とは一線を画す重厚さがある。

保存

200,000

住吉図透鍔(鐔)銘 土佐国住明珍紀利雄

住吉図透鍔(鐔)銘 土佐国住明珍紀利雄

Toshio

 鳥居に松を配した図を住吉図といい、装剣小道具の好画題である。住吉神社の前が海だった時代、海岸線には松林が広がり、白砂青松の景勝地であった。住吉(住之江)は松の名所。数々の歌に詠まれる場所であった。絵画や工芸の世界では、松と鳥居、または松と太鼓橋があれば、社殿はなくとも住吉神社を表しているのである。
 赤坂鐔に範をとった、鍛え良く力強い地鉄は透の内側や耳の一部に合わせ鍛えの跡が見られる。切羽台と松、鳥居が作る空間がそのまま小柄・笄櫃となる意匠。下から見上げるような構図が鳥居をさらに堂々と大きく見せている。土佐明珍宗利の門人といわれる利雄の作である。

特別保存

200,000

琴高仙人図鍔(鐔) 銘 正壽軒知久

琴高仙人図鍔(鐔) 銘 正壽軒知久

Tomohisa

 琴の名人琴高仙人は古代中国の仙人。ある日、弟子に龍の子を捕まえると約束する。約束の日、琴高は鯉の背に乗って水中から現れたという。滝を昇りきれば龍になるといわれている鯉は龍の子と言えなくもない。表側には激流に逆らい川を泳ぐ鯉とその背にまたがり巻物を広げる琴高仙人。見上げた視線の先は裏側に彫り描かれた滝である。琴高仙人が手にしている巻物には龍門の場所が記されていて、「さあ、お前はこれからあの滝を昇りきって龍になるのだ。」とでも言っているようだ。鯉の目線がやや後ろを向いていて、困惑顔に見えるのも面白い。
 柔らかな衣の質感、その中に確かに肉体が存在すると感じさせる肉置き。髪や髭、表情や指先まで丁寧で詳細な描写が見事である。赤銅高彫の鯉は、なだらかに抑揚をつけた肉付けに写実的な鱗や鰭、顔周りには有るか無きかの毛彫りを添えて生き生きと描かれている。正壽軒知久は、水戸藩抱え工の玉川吉長の門人。

特別保存

-

鉄線透図鍔 銘 長州萩住岡田宣治

鉄線透図鍔 銘 長州萩住岡田宣治

Nobuharu

 岡田宣治(のぶはる)は銘鑑に出ていない金工の一人。岡田家は長州鐔工界の名流であり、多くの門人を抱えてていたことであろう、そのような一人と考えて良い。

正阿弥流の肉彫地透に金布目象嵌を施した手法は先の友恒に通じて古風な面を漂わせつつも、洗練味があり、技量の高さを窺わせる。鉄線花は江戸中期以降の正確で精巧な彫刻、蔓の伸びる様子に動きがあり爽やか。

保存

-

竹林の賢人図鍔(鐔) 銘 百壽軒芳信花押

竹林の賢人図鍔(鐔) 銘 百壽軒芳信花押

Yoshinobu

 薩摩出身の百壽軒芳信は中国古典を題に採った華麗な高彫色絵を得意とする。本作も竹林を背景に穏やかにほほ笑む二人の文人が描かれている。微細な赤銅魚子地と磨地の対比が際立ち、金銀素銅の象嵌色絵が華やかに彩る。細部に独特の表現を見せる芳信。高台の地面は深い毛彫に点刻を加えて柔らかな質感を出し、異なる金属の色絵と点刻でゆったりと重なった衣を表した。竹は撓っても折れず、雪の中でも青々と清らか。君子を象徴する植物である。 

特別保存

450,000

菅公留守模様図鍔(鐔) 銘 肥前国住忠行作

菅公留守模様図鍔(鐔) 銘 肥前国住忠行作

Tadayuki

東風吹かば 思い起こせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな 『捨遺和歌集』
海ならず 湛える水の 底までに 清き心は 月ぞ照らさむ 『新古今和歌集』

 菅原道真が詠んだ歌二首を象徴する情景を表裏に描いた菅公留守模様図。鍛えの良い鉄地は錆色深く、滑らかな手触り。梅樹の背景に深く、浅く打ち込まれた槌目は霜を置いた土にも、降る雪にも見える。天に向かって伸びる細い枝にはふっくらとした高彫で可憐な梅花が咲き匂い、折れて節くれだった太い幹は高彫に荒々しい鏨運びで老木の肌を表している。裏面は、大宰府へ左遷の途上、備前国児島郡八浜で詠んだとされる「海ならず」の歌の景色。ただ一艘の船が行く先を彼方の月が煌々と照らしている。
 忠行は肥前刀工忠吉の末に連なり、嘉永三年三月日と年紀のある風景図鐔を遺している。

保存

-

菊桐唐草文図鐔 無銘 古鏡師

菊桐唐草文図鐔 無銘 古鏡師

Ko-kagamishi

 鋳型を利用した金属装飾は、古墳出土の銅鏡に例があるように歴史が古く、その古調な風合いが好まれて装剣小道具にも採り入れられている。地面の厚さが二ミリに満たない極薄に仕立てられた素朴な山銅地のこの鐔は、鋳型特有の砂地状の肌合いが渋い色調を呈し、桐紋や菊花、唐草文などを綺麗に浮かび上がらせている。土手耳部分には瑞雲状の鋤き込みがあり、これも地面に連続して不思議な味わいを成している。

保存

-

登龍門図鍔(鐔) 銘 松翠軒美章寫 玉川図

登龍門図鍔(鐔) 銘 松翠軒美章寫 玉川図

Yoshiaki

 鯉が滝を登り切れば龍になるという伝説を表した「登龍門図」は立身出世を祈念する好画題。(萩谷勝平にも同図がある。)大振りの鉄地木瓜形は耳に向かって肉を落とし、銀覆輪が品良く画面を際立たせる。激しく立ち上がる波は生き物のような流動性を見せる高彫。必死の形相で滝に挑む鯉。鱗は密実で、背鰭は繊細に翻る。丸太を重ねた橋は、甲鋤彫りを思わせる細かな鏨運びが見られ、雲は片切彫と毛彫の併用。広狭、深浅、強弱がはっきりとしたメリハリのある彫法で迫力ある場面を描いている。雲は低く垂れ込め、川面は波立ち、雨が激しく打ち付ける。この川を遡り、次第に狭く激しくなる流れに逆らい、ついには滝を登りきる。鯉は龍となって生まれ故郷の川に恵みの雨をもたらせたのかもしれない。水戸玉川派の美章には一柳友善との合作の龍虎図鐔や仙人図小柄がある。

特別保存

-

菅原透図鐔 銘 忠時作

菅原透図鐔 銘 忠時作

Tadatoki (Akasaka)

 赤坂八代目忠時の、特徴豊かな造り込みになる鐔。菅原道真の太宰府左遷に取材した歌舞伎『菅原伝授手習鑑』を表現した鐔。登場人物梅王丸、松王丸、桜丸を、それぞれの植物に擬え文様表現している。良く鍛えられた細やかな鉄地を切羽台の厚い碁石形に造り込み、透かしの切り口を鋭く仕上げて陰影を明瞭にし、要所に繊細な毛彫を加えて美観を高めている。耳には赤坂鐔の特徴でもある合せ鍛えの層状の肌が鮮明に現れている。

特別保存

-

雨龍文図鐔 無銘 西垣

雨龍文図鐔 無銘 西垣

Nishigaki

 肥後金工の創造性の背景には、千利休に学んだ細川三斎の茶の美意識があったといわれている。平田彦三の轆轤鑢や西垣勘四郎の腐らかしなどがそれに通じているとみられ、素朴な地肌を指先で感じられることこそ最大の魅力。この鐔も腐らかしによって地面に微細な凹凸と抑揚を生じさせたもので、時を重ねて黒味を帯びた素銅地の肌合いと色合いも備前焼を思わせる。素銅地に浮かび上がる雨龍は金の象嵌。耳に赤銅覆輪を廻らせている。

特別保存

-

南蛮船図鍔(鐔) 銘 永井弁己 宝十二年八彫

南蛮船図鍔(鐔) 銘 永井弁己 宝十二年八彫

Benki

 永井弁己とは誰であろうか。今のところ全く情報が無い。銘文の「宝十二年八彫」は、おそらく製作年のことであろう。宝暦十二年(1762年)、十八世紀半ばである。徐々にオランダとの貿易は衰退していったのだが、八代将軍吉宗がキリスト教関係以外の洋書の輸入を緩和したので、日本に学術洋書が輸入されることとなった。杉田玄白が『解体新書』を発行したのが安永3年(1774年)、本作の製作年から8年後のことである。この鐔は、表側と裏側で西洋と東洋、異なる世界を描いている。風を受けて帆をいっぱいに張り進む大きな船は新しい知識や文明を運ぶもの。対して静かな入り江と四阿は東洋の思想や理想とする世界を象徴している。興味深いのは波の表現である。手前の波を太く強い線で、奥に行くにしたがって細く浅い線となる。このような遠近の表現を刀装具ではあまり実見したことがない。小社蔵の庄内藩工横谷宗寿の手になる業平東下り図大小鐔くらいであろうか。大きく変わりゆく時代の前触れを感じさせる作品である。

保存

-

二つ銀杏紋散図鍔(鐔) 無銘 太刀師

二つ銀杏紋散図鍔(鐔) 無銘 太刀師

Tachishi

 手に持つと驚くほどずっしりと重い。横に張った安定感のある厚手の山銅地は、切羽台に無数の荒々しい鏨の跡が見てとれる。金色絵の魚子地から浮かび上がるのは雪輪のようにも花のようにも見えるが、銀杏の葉を二枚組み合わせたもの。神社の御神木や街路樹として親しまれている銀杏だが、文献に登場するのは十五世紀半ばに編纂された国語辞典『下学集』が今のところ最古である。紋章として成立したのも同時代くらいであろうか。(因みに徳川家康の父の廟所に剣銀杏紋が付けられていることから、銀杏紋は徳川家に縁があるという説がある。)山銅地高彫の銀杏紋は、上下左右に配したもののみを銀色絵としている。猪の目透の小縁と耳にも銀色絵を施し、金、銀、山銅の色合いが不思議な明るさで見事に調和している。古美濃の鐔などによくみられる小柄笄櫃の形状、太刀鐔としての表側の方が僅かにこんもりと盛り上がっている様や幅広の木瓜形も時代の上がる鐔の特徴を表している。

保存

-

左右大透枯れ木象嵌鍔(鐔)無銘 伝又七

左右大透枯れ木象嵌鍔(鐔)無銘 伝又七

Den-Matashichi

 林又七は言わずと知れた肥後金工林派の祖。作品は精巧緻密でありながら、堅苦しさは微塵もなく、気韻生動。本作は、十字木瓜形の鉄地を、切羽台を挟んで左右を大きく透かし、枯れ木象嵌を施したもの。鍛えの良い地鉄の、艶と深みのある錆色の中に槌目の躍動感が混在する様が面白い。左右の大透も十字木瓜の切込みの配分もきっちりと左右対称にはせず、ほんの少しずらしている。その加減が絶妙で、これを計算しているところが名人たる所以であろう。左右の大透は遠見の松であろうか。あるかなきかに面取りされた透の際は溶けてしまいそうな、なんとも柔らかな質感。ルーペを使わず、ぼんやり地鉄を眺めていると、幾筋もの消え入りそうな細い線状の鍛え地の流れが見える。これがなんとも楽しい。枯れ木象嵌は細かく不規則に屈曲し、枝分かれして大透の外側を廻る。これらの小さな現象の重なりが本来動くはずのない鉄の塊に命を吹き込んでいるのかもしれない。

特別保存

-

唐松繋図鍔(鐔) 銘 武州住吉正

唐松繋図鍔(鐔) 銘 武州住吉正

Yoshimasa

 慶事の特別な外装のために作られたのであろうか。青味を帯び、ずしりと重い上質の赤銅地の外周に菊花のような唐松文様を十三個繋ぎ置いた、目を引く意匠の鐔である。
 平地は丁寧な石目地仕上げ。唐松は、新芽と葉を真上から見て放射状にとらえ、中心を低くし、外側に向かって高さと厚みが増していく。中心は三星様の金色絵露象嵌が輝く。
 十三という数に何か意味があったのだろうか。縁日が十三日の虚空蔵菩薩(広大な宇宙のような無限の知恵と慈悲を持った菩薩)と何か関係があるのか。十三月が正月の異名であるとか、数え年十三歳の十三参り。十三を「とみ(富)」と読ませて縁起を担ぐなど。数にまつわるエピソードにも興味は尽きない。
鉄鐔の多い武州鐔にあって、上質の赤銅を厚く贅沢に使った本作はやはり特別の需に応えた作なのであろう。銘鑑に「松葉文透の鐔がある」という「透」は誤りで、本作のことを指していると思われる。

特別保存

350,000

児島高徳図鐔  無銘 加賀後藤

児島高徳図鐔  無銘 加賀後藤

Kaga Goto

 元弘の変に敗れて隠岐に流されることとなった後醍醐天皇を救出すべく、闇に紛れて天皇行在所に忍び込んだ児島高徳だが、護りが固いため、桜の幹に「天莫空勾践(てんこうせんをむなしゅうすることなかれ) 時非無范蠡(ときにはんれいなきにしもあらず)」の詩を残して去った。天皇はこの文字を目にして勇気づけられ再起を図ったという。
 赤銅魚子地を闇夜に見立て、満開の桜を前に筆を手にする高徳の姿を極肉高に彫り出し、金銀の色絵を濃密に施し、高徳の厳しい表情をも精密に再現している。加賀前田家仕え、交代で金沢に居住した後藤覚乗や従兄弟の顕乗等は、加賀後藤と呼ばれている。

特別保存

600,000

雪輪に雪花文鍔(鐔) 銘 壽光(花押)

雪輪に雪花文鍔(鐔) 銘 壽光(花押)

Toshimitsu

 極々浅い打ち返し耳によって強調された、溶けかかった雪玉のような変り形。氷柱で覆われ、降り積もった雪の表面には薄肉彫りと高彫象嵌で美しい雪の結晶が描かれている。小柄櫃を縁取るのは雪輪文。江戸時代後期、古賀藩主土井利位(としつら)が雪の結晶を観察し、『雪花図説』にまとめ出版したところ、雪花文様(雪の結晶の文様)が大流行した。装剣小道具も大いにその影響を受け、一乗派や東龍斎派に雪花文を主題とした美しい作品があるが、本作からは凍てついた空気まで伝わってくる。渡辺壽光は東龍斎清壽の門人。風景から人物図まで師風をよく受け継いだ優れた作品を残した。

-

-

虎渓三笑図鍔(鐔) 銘 九州肥後国遠山作

虎渓三笑図鍔(鐔) 銘 九州肥後国遠山作

Toyama

 橋のたもとで三人の人物が大笑いしている。虎渓は中国江西省の景勝地廬山の渓流。三人の人物は、中央が慧遠法師、向かって右側が陶淵明、もう一人が陸修静である。この地に隠棲した慧遠法師は、来客が帰るときは貴賤の別なく見送りをしたが、決して虎渓に架かる橋を渡ることはしなかった。ある日、訪ねてきた陶淵明と陸修静とともに時を忘れて清談に興じ、二人を見送る際もつい話に熱中し、気付いた時には橋を渡ってしまっていて三人で大笑いした、という故事。物事に熱中するあまりほかの全てのことを忘れてしまう事のたとえである。引き締まった竪丸形は鍛え良く、手強い印象。遠山派は小透や布目象嵌を施した大胆で簡潔な意匠が多いのだが、高彫でこれほど詳細な描写の絵風鐔は極めて珍しい。重厚でありながらどこまでも明朗な雰囲気を纏っている。据紋式高彫象嵌で特色ある動植物や人物図を彫った遠山頼次の作であろう。

特別保存

400,000

七福神図鍔(鐔) 銘 長州萩之住友房作

七福神図鍔(鐔) 銘 長州萩之住友房作

Tomofusa

 七福神信仰は、室町時代後期、禅宗の隆盛とともに「竹林の七賢人」に倣って成立したという。それ以前は大黒天と恵比寿の二神が福神として盛んに祀られた。装剣小道具においても古後藤の目貫や小柄、笄にこの二神が見られ、大黒天と恵比寿が相撲をとる「福神相撲図」という面白い画題もある。延命長寿、商売繁盛という現生利益を祈念する七福神信仰は、その後広く庶民に浸透していった。江戸後期には新春の散策を兼ねた七福神巡りなども盛んにおこなわれるようになる。長州鐔の美点である鍛え良く黒味の強い鉄地を浅い打ち返しの丸形に仕立て、琵琶をかき鳴らす弁財天を囲むように毘沙門天、布袋、寿老人、大黒天がいる。寿老人は楽しげに踊り、空には鶴が舞う。竹と松を背後に福禄寿が盃を持ち、恵比寿は亀を呼び寄せる。何ともおめでたい図を鋤出高彫に象嵌色絵で彫り描いた、江戸後期の長州金工友房の作である。

特別保存

180,000

鹿角竹虎図鐔 銘 平安城吉久

鹿角竹虎図鐔 銘 平安城吉久

Yoshihisa

 鹿角に蜂で俸禄。鹿角に蟻は禄有り。では鹿角に竹虎は何を意味するのであろう?
 大振りで鍛えの良い鉄地は耳に向かってやや肉を落とした竪丸形。その耳に切り取られた鹿角を廻らし、それよりもはるかに小さな虎を真鍮象嵌している。角には毛彫りと真鍮の線象嵌が施され、切り口は写実的。判じ絵であろうか、何とも不思議な図である。鹿の角から連想するものを書き連ねていてはたと気がついた。敵の侵入を防ぐために鹿角のように枝の先端を尖らせて外側に向けた障害物を逆茂木という。その別名は鹿砦(ろくさい)、または逆虎落(さかもがり)。これは武運長久の願いが込められたものではないだろうか。虎があまりに小さく可愛らしいのが何とも味わい深く面白い。吉久は平安城式象嵌を得意とした江戸時代初期の鐔工。

特別保存

-

韃靼人図鐔  銘 保壽(花押)

韃靼人図鐔  銘 保壽(花押)

Yasutoshi

 未知の世界に棲む人々への興味は古くから強く、伝承に空想が加えられ、時には手長足長のような人物像まで創造されている。韃靼人(だったんじん)は中国大陸北部で狩猟生活をしていた民族。この鐔では、アフリカ系の印象を受ける姿格好とされているが、虎を従えているところには北方民族らしさも窺える。鶏頭太刀を備えているのは興味深い構成。鉄地を肉高く彫り出し、金銀朧銀素銅の象嵌を加え、写実味を高めている。保寿(やすとし)は水戸の額川派の金工。 

特別保存

-

渦文鍔(鐔) 無銘 古金工

渦文鍔(鐔) 無銘 古金工

Ko-kinko

 数百年の時が降り積もった山銅地。大振りでほぼ真丸形の鐔は耳に向かって肉を落とし、耳際の厚さは僅かに1.9mm。かつての所持者達から余程愛好されたのであろう。始めは太刀の拵用として作られ、後に打刀拵の鐔となった。小柄笄櫃の形も古風である。そしてなんといっても文様が興味深い。同心円状に連続して展開するS字状の渦文は大きな五重の波紋となる。渦文は地球上のあらゆるところに存在する最も古い文様。日本では縄文土器にも見られる。渦はシンプルかつ的確に水の流れといった生命の根源を表し、転じて子孫繁栄を意味する吉祥文となる。ラヴェルのボレロのように、繰り返されるシンプルな文様は抗しがたい魅力を放つ。

保存

-

放馬図鐔 銘 加藤重光(花押)

放馬図鐔 銘 加藤重光(花押)

Shigemitsu

 加藤重光は、狩野探幽に学んで同門四天王に数えられた会津藩御用絵師加藤遠沢の孫。会津では正阿弥流の風景図が隆盛しており、重光もまた風情のある絵画風の鐔を遺している。この鐔は、野に放牧されている馬の様子を自然な視線で捉えた作。質の良い鉄地を高彫とし、冬枯の木は赤銅地高彫、馬の身体は朧銀地高彫に金色絵、下草も金で静けさに包まれた空間を創出している。裏面は野に流れる小川に雪が舞い落ちている様子であろうか。

特別保存

180,000

井伊家家紋散図鍔(鐔)銘 濱野直寛(花押)

井伊家家紋散図鍔(鐔)銘 濱野直寛(花押)

Naohiro

 井桁紋と橘紋といえば「井伊の赤備え(あかぞなえ)」で勇名を馳せた彦根藩井伊家の定紋と替紋(旗印)であろう。徳川家康に見いだされ、徳川四天王と呼ばれるほどの武将となった初代彦根藩主井伊直政。あまりに勇猛果敢だったので、時に家康に諫められたという逸話があるが、諸大名との政治交渉にも抜群の手腕を発揮し家康の片腕となって江戸幕府の設立に貢献した。
 端正な赤銅魚子地四ツ木瓜形の四隅に猪目小透を配し、耳は厚く金色絵をかけて石目地仕上げとしている。井桁紋は高彫と金平象嵌。平象嵌はその上に更に魚子が撒かれている。橘紋は紋高い高彫に厚く金色絵がかけられ、微細な魚子地に浮かび上がって輝く。
 濱野直寛は、出羽山形藩主秋元但馬守の抱工佐野直好の門人。佐野一門は家紋の高彫色絵も得意としている。

保存

-

野晒図鍔 無銘 甚吾

野晒図鍔 無銘 甚吾

Jingo

人は死ねば皆髑髏となる。その無常観を表現した作。志水甚(じん)吾(ご)は肥後金工を代表する名流。素朴な鉄地や真鍮地、素銅地を巧みに処理し、個性的な構成で主題の本質に迫った。この鐔は、深みのある色合いの素(す)銅(あか)地を肉厚に地造りし、地面を中低に仕立て、高彫と毛彫に金の露(つゆ)象嵌(ぞうがん)を加えて枯れた野の様子を、赤(しゃく)銅(どう)の高彫象嵌で草の陰に朽ち果てて忘れられた人骨を彫り表わしている。印象的なのは裏面の銀平(ひら)象嵌(ぞうがん)による三日月。誰にも気づかれることなく、また葬られるわけでもなく、ただ野に屍を晒しているだけ。それを知るのは月のみか…。
特別保存刀装具鑑定書(甚吾)

保存

-

琵琶・太刀透鍔(鐔) 無銘 林

琵琶・太刀透鍔(鐔) 無銘 林

Hayashi


 又七の代表作に「太刀折紙透鐔」がある。切り込み深い十字木瓜形に太刀と折紙を陰透し枯れ木象嵌を施した、畏怖の念を抱く作品だ。本作は太刀と琵琶。写し物というよりは別物であるが、林派にとって太刀透は特別な画題であろう。形状は切込みの浅い穏やかな木瓜形。黒々として手触りの良い滑らかな地鉄の表面には極めて微細でチリチリとした縮緬のような風合いの肌が見える。太刀には一の足、二の足と太刀緒の浅い毛彫が加えられ、小柄櫃の半月型を琵琶の月形の装飾としている。琵琶と太刀。『平家物語』の暗示であろうか。あるいは理想的な武士の在り方、「文武両刀」かもしれない。
特別保存刀装具鑑定書

特別保存

350,000

菊透図鐔 無銘 林重光

菊透図鐔 無銘 林重光

Shigemitu (Hayashi)

 初代又七作同図の鐔を手本とした、林二代目重光の作。菊花を大胆な構図で捉え、簡潔な地透で花弁を浮かび上がらせ、葉を陽に表現して印象を高めている。色合い黒く渋い光沢のある地鉄を切羽台辺りが厚い碁石形に造り込み、葉にのみ無造作とも思える作意のない毛彫を加えている。重光の作風は初代西垣勘四郎に似て自由闊達なところが窺えると云われるも、強靭な地鉄と強弱変化のある透かしなど又七に見紛う出来である。   

特別保存

400,000

飛燕図鐔 銘 天台山麓園部芳英(花押)

飛燕図鐔 銘 天台山麓園部芳英(花押)

Yoshihide

 園部芳英は芳継の子で文化三年の生まれ。精巧緻密な高彫表現を得意とした。この鐔は、春の暖かい風を切り裂いて飛翔する燕を彫り描くことで、どこまでも青く清らかに澄む空気を表現した鐔。涼やかに流れる小川と、そのほとりに咲く蒲公英、土筆、遠く広がって天に溶け込む大地も、総てが空気のありようを演出する素材。陽の光を大地に届けてくれるのが空気。円周状に打ち施した魚子地も燕や草原に生命感を与えている。赤銅の黒、銀の白、目玉の金、頬の素銅とわずかの色金ながら、写実的高彫描写された燕は細部まで精密。小川の流れは高彫で、切羽台のみ銀の平象嵌。総ての彫刻技法が優れて美しい。 

特別保存

600,000

干し網図鍔(鐔) 銘 埋忠橘宗義

干し網図鍔(鐔) 銘 埋忠橘宗義

Muneyoshi

 漁具である網を円錐形に干した網干文(あぼしもん)は海辺の長閑な風景を伝えるとともに、末広がり、一網打尽、大漁祈願など吉祥文としても好まれた。深い錆色の下から覗く鍛えられた地鉄の微かな肌模様が、朝霧が流れていく様のようである。垂直に立てられた竹棹は赤銅、縄目を刻んだ象嵌金色絵の網はリズミカルに曲線を描いている。埋忠家嫡流の埋忠橘宗義には、「埋忠明壽孫数馬助橘宗義作」と銘した脇差があり、刀工でもある。

保存

85,000

勝虫透塔橋図鐔 無銘 鎌倉

勝虫透塔橋図鐔 無銘 鎌倉

Kamakura

 大振りで極めて薄手、しかも無櫃の本作は地を鋤いた浮き彫りに鋤残耳。陰透の周囲も鋤残して小縁とした典型的な鎌倉鐔である。塔の前にあるのは山門であろうか。屋根瓦の列を大きな片切彫で表現している。これは時代の上がる鎌倉鐔に見られる見所の一つ。極端に大きな勝虫の陰透が半円を占め、もう半分には塔や鳥居、擬宝珠のついた橋、梅の花や四阿が大和絵の雲のような意匠化された松に囲まれて展開している。叩き締められ数百年の時を経た地鉄は指で弾くと心地良い乾いた音がする。鎌倉鐔の魅力が凝縮された一鐔である。

特別保存

400,000

bottom of page