​ 日本刀専門店銀座長州屋がご紹介する鐔、目貫、縁頭、小柄、笄、揃金具などの刀装具を種類別にまとめた商品検索ページです。基本的に価額表記のないものは売約済、もしくは非売品です。ご要望のお品がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。(価額税込)

Copy right Ginza Choshuya

検索には常用漢字をご利用ください。
菊花透図鐔 無銘 神吉

菊花透図鐔 無銘 神吉

Kamiyoshi

 陰陽の透かしを組み合わせて菊花を表現した、優れた意匠構成の作。錆地や真鍮地など渋い調子の素材を的確に用いた肥後金工であったが、江戸時代後期に至ると、神吉深信や楽寿が均質に詰んだ地鉄の美観と、伝統的な意匠との絶妙の組み合わせを追求している。この鐔も鉄色黒々として光沢強く、葉脈のみ繊細な毛彫が加えられて図柄に動きが生じて味わいが格別。

保存

130,000

梅樹下牛図鐔 銘 応需古図写林正光作

梅樹下牛図鐔 銘 応需古図写林正光作

Masamitsu

 一柳斎正光は会津正阿弥派の名工。伝統的な山水風景図などを題に採り、情感豊かに彫り表すを得意としている。本作は、主題である梅樹と牛の背景とされた鉄地に微妙な凹凸を設けて降りかかる淡雪を想わせ、真冬の季節感を演出している。梅と牛の採り合わせは菅原道真を思い浮かべるが、この鐔では梅の美観に牛も時間を忘れて眺め入っているように、梅花の銀、蕊の金、牛の身体は赤銅で金の斑毛、緻密な加刻で牛の表情も鮮やかである。

保存

250,000

笹竹に鳥透図鐔 銘 羽州庄内住安親作

笹竹に鳥透図鐔 銘 羽州庄内住安親作

Yasuchika

 安親は出羽国鶴岡酒井家に仕えた土屋忠左衛門の子で寛文十年の生まれ。長じて酒井家の家老松平内膳の次席用人を勤めたが、その傍らで正阿弥珍久に入門し、弥五八の工銘で金工を学んでいる。
 安親が最初に接したのは正阿弥派の技術であった。ところが安親の師である珍久は、江戸に上り、風景においても人物描写においても独特の風情ある作風で人気を得ていた奈良派の技術をも学んできたのである。安親は、師が携えてきた新たな技術や作風に触れ、あるいはまた、江戸の様子をも聞くことによって心を騒がせたに違いない。
 表題の鐔は正阿弥風ではなく、尾張や金山風でもなく、肥後風でもない、同時代では類型を探し出し得ない特殊な造り込み。鉄地は折り返し鍛錬を施したもので、透かしの内側や耳に幾重にも層状の鍛え肌が現れている。表裏の笹葉の表面にも葉脈のように鍛え肌が綺麗に現れており、その様子から意図して肌を際立たせたことが想像されよう。

-

-

砂潜龍図鐔 無銘 薩摩

砂潜龍図鐔 無銘 薩摩

Satsuma

 魚子地を砂漠に見立て、砂原を掻き分けて姿を現す龍を高彫表現した鐔。薩摩国では直香などの小田派、兼置などの知識派、小野田派などの金工が砂潜龍を得意として活力に満ちた作品を遺している。この鐔は、地面を砂が風によって運ばれる漂文のように所々に筋立たせ、龍神は肉高く立体的に鏨を鋭く切り込んだ描法。龍の胴体が潜む砂原が盛り上がる様子も、巧みな肉採りで表されており迫力がある。金色絵は龍が纏う火炎、角、触覚、爪と控えめながら際立ち、耳も金色絵の覆輪で鮮やか。

保存

300,000

鍵に雁金透図鐔 無銘 金山

鍵に雁金透図鐔 無銘 金山

Kanayama

 色合い黒く羊羹を思わせるねっとりとした光沢は、質の良い鋼を鍛えた古鉄のみが示す肌合い。戦国期の実戦鐔は、刀を腰に帯びる際に障りがないよう、本作のような小振りに仕立てられたものが多い。金山の特徴のあるこの鐔は、鍵と霊芝を雁金で繋いだ図柄。文様の題材はいずれも吉祥を意味している。光沢のある地鉄の処々に鍛えた鎚の痕跡があり、耳には細い筋状の鉄骨と穏やかに盛り上がる鉄骨が窺える。

特別保存

330,000

春秋雪華散図鐔 銘 城州西陣住埋忠橘重義

春秋雪華散図鐔 銘 城州西陣住埋忠橘重義

Shigeyoshi

 山城国西陣に栄えた埋忠家は、文様美を極めた明寿によって遍く知られ、その後の金工の基礎を成した芸術集団の一つでもある。中でも埋忠重義は、京の七左衛門の他にも同銘工が江戸や明石で活躍しているように埋忠家の基幹を成す存在であった。この鐔は、桜楓に降りかかる雪を自然風景の一部として捉え、重義らしい品位高い構成で文様表現した作。地鉄は色合い黒く、鋤き込まれた痕跡が地面に氷割文のように残されて景色となり、高彫に金銀の布目象嵌でふっくらとした雪輪が桜楓模様と組み合わされている。

特別保存

160,000

林和靖図鐔 銘 弘親

林和靖図鐔 銘 弘親

Hirochika

 梅と鶴を愛し西湖畔に庵を設けて独居したという宋代の詩人林和靖を、水戸金工独特の正確な図柄構成と精緻な鏨使いで彫り描いた鐔。鉄地に高彫と鋤彫が鋭く、彫り際の線が立ち、人物描写の精密さも水戸金工ならではのもの。林和靖と子供の顔つき、佇む姿態、もちろん指先まで動感豊かに、しかも繊細。飛来する鶴の様子も、柔らか味のある羽毛に包まれているようで、ここも精密。打越弘親は善太郎と称し、弘壽の門人。江戸にも居住している。

特別保存

250,000

糸巻透図鐔 無銘 金山

糸巻透図鐔 無銘 金山

Kanayama

 拳や踝の骨が表皮に突き出しているように見える鉄骨は、鉄地からなる古作のみに見られる働きである。質の異なる鋼を鍛え合せたことから生じたものと思われ、武骨でしかも創意のない自然な景色となっている。鐔の図柄とは無関係に現れることから素材の美観として捉えられ、数奇者は掌の中で肌合いを愉しむという。糸巻の図柄は小振りな造り込みと共に武用に徹して簡潔。色合い黒くねっとりとし、耳に走る筋状、瘤状の鉄骨はさらに黒く光沢も強い。

特別保存

300,000

括り猿透図鐔 銘 佐州住貞利

括り猿透図鐔 銘 佐州住貞利

Sadatoshi

 括り猿は、小さな座布団の四隅を一つにまとめて丸い頭を着けたような形状の人形のことで、まじないやお守りなどにされたという。今でも京都東山の八坂庚申堂は括り猿で人気のスポットである。佐渡鐔工利貞のこの鐔は、鍛え強い鉄地を肉厚く仕立てて人形のそのままの膨らみとし、小柄櫃も造形に合わせており、総体が洒落ている。耳は金の布目象嵌象嵌で美観を高めている。

保存

120,000

茄子図鐔 銘 皆山應起(花押)

茄子図鐔 銘 皆山應起(花押)

Masaoki

 
 皆山應起は直市と称し、江戸時代後期の京を代表する大月派の光芳と光興に学び、師を凌駕する細やかな彫口からなる作品を遺している。この鐔は、いくつもの実を付けた茄子を正確な図採りと精巧で精密な彫刻で写実表現した、應起の優れた技量が良くわかる作。漆黒の赤銅魚子地に肉高くくっきりと立つように瑞々しい茄子の枝を彫り出し、枝葉は色の濃い朧銀で花は金色絵、実は艶やかな光沢をもつ赤銅で表し、葉の虫食いはもちろん蔕の棘まで見事に再現している。

保存

850,000

菊花図大小鐔

菊花図大小鐔

Nagayo

 菊の魅力は品の良い香りと妖艶なる姿態にあり、江戸時代にはその風雅を競う作菊が盛んであった。この鐔に描かれている菊も、原種が持つ鄙びた風情とは異なっておおらかに開き、あるいは複雑に絡み合う花弁に江戸時代の空気感が窺える。鉄地は朽ち込みがなく健全で色黒く渋い光沢がある。巴状に構成された菊花は、濃厚な色合いと光沢を保つ金と素銅の布目象嵌。長代は布目象嵌を華麗に施す描法で高い人気を得た京正阿弥派の流れを汲む金工。

特別保存

450,000

結雁金透図鐔 無銘 甲冑師

結雁金透図鐔 無銘 甲冑師

Kacchushi

 質朴な地鉄に簡潔な文様が施された優品。装飾を控えた地鉄ではあるが、質の良い鋼によって鍛えが強く緊張感に満ち、色合い黒く光沢がある。全面に施されている阿弥陀鑢は強弱変化に富んで鑑賞の際に触れる指先を心地よく刺激する。わずかに打ち返して筋立てた耳も過ぎることのない存在感があり味わい深い。殊に陰に意匠した雁金文が印象深く本作の美観の要と言い得るが、実は素材、鑢目、薄手の造り込み総てが調和の美観を造り出しているのである。

特別保存

300,000

雲形透図鐔 無銘 平田

雲形透図鐔 無銘 平田

Hirata

 肥後金工平田彦三一門は、茶の美意識に通じる落ち着いた作風を専らとしたが、時には奇抜な意匠にも挑んでいるようだ。この鐔は、激しく動く雷雲の彼方で光る稲妻を想わせる図柄。素銅地の表面に鎚の痕跡を活かして地模様とし、鏨で鋭く切り込むことにより意図せぬ形状の透かしを施し、さらに金と銀の色絵を叢に施して大気の動きを暗示している。抽象画風の出来だが、平田に多くみられる可動式の覆輪も、銀と赤銅の削継で稲妻を想わせる。

保存

350,000

秋草図 銘 義昌造

秋草図 銘 義昌造

Yoshimasa

 義昌は筑前信國派の刀工で、刀身彫にも長け、鉄鐔も遺している。この鐔は古典とも言い得る秋草を洒落た構成で彫り描いたもの。古様式の秋草は古美濃や古金工にあり、描かれている植物は同じながら彫口や構成に多様性があり、本作は古金工風ながら所々に洗練された近世の美意識が窺える出来。微塵に施された赤銅石目地も太陽の光と草いきれを感じさせ、秋草の背後は無限に広がる広大な空域を想わせる。薄肉彫ながら立体感に富んだところは古様式。金は多用せずに朝露の光る様子を控えめの点象嵌で表現している。

特別保存

200,000

百貝透図鐔 銘 越前住記内作

百貝透図鐔 銘 越前住記内作

Kinai

 貝は改、快、開、戒、会などに通じるとして好まれた図。また豊饒なる海への感謝の念も示されている。記内鐔工は、様々な図柄を題に採り、素朴な彫口から精巧で緻密な鏨使いの作まで幅広い作風で人気が高い。記内各代でも入記内と呼ばれるこの工は技術力高く、覇気に富んだ作を遺している。この鐔も精良な鋼を緻密に鍛えて細やかな高彫とし、地を透かし去って無数の貝を文様として際立たせている。

保存

120,000

御光渦巻文図鐔 銘 寂阿弥入道光隣慎造之

御光渦巻文図鐔 銘 寂阿弥入道光隣慎造之

Korin

 林又七や西垣勘四郎の鋼と錆による美空間は、後の肥後金工に多大な影響を与え、新たな風貌の作品の創造に繋がっている。光隣もその影響を受けた感性の優れた肥後金工の一人。この鐔はいかなる景観を文様としたものであろうか、鐔表面の微妙な凹凸が雲を想わせることから日の出、裏面は星の揺らぎ。深く切り込んだ造形は奇抜ながら、鉄の肌合いがねっとりとしていて味わいは格別である。渦巻きは肥後独特の文様。

保存

300,000

蘇鉄図鐔 銘 大森英政(花押)

蘇鉄図鐔 銘 大森英政(花押)

Omori Hidemasa

 異国情緒を漂わせる蘇鉄は、江戸時代には庭園を彩る自然の添景として人気があった。古くは足利義政による室町殿にまで遡る。この鐔では大きく成長した蘇鉄を大胆に捉え、高彫色絵象嵌を駆使して丸みのある幹を写実描写している。上質の赤銅地に岩は朧銀地高彫金色絵、葉は微妙に色を違えた金色絵、刺状の皮質を鮮明にする太い幹の描写も鏨が揃って美しい。英政は大森家に学んだ徳野家の工。技術が優れて大森の姓を許されている。

保存

350,000

吉野飛燕図鐔 銘 盛親(花押)

吉野飛燕図鐔 銘 盛親(花押)

Morichika

 東龍斎派の美観は、現実空間を超越して文様と写実の融合を突き詰めているところにある。吉野は桜で遍く知られている。燕の飛来と時を同じくしたものであろう桜の咲き乱れる吉野の山を花霞の合間から眺めるように構成し、温かい風に舞う燕は優雅で繊細。裏面は、花筏の桜と、その源であろうか桜に色付いた吉野の遠望。自然美への驚きが濃密に表現されている。写実的な燕は朧銀高彫象嵌に金色絵、桜も量感のある描写。盛親は清壽の高弟壽親の門人か。

特別保存

450,000

双牛透図鐔 無銘 庄内

双牛透図鐔 無銘 庄内

Shonai school

 頭の牛を巴状に構成した、庄内金工と極められている鐔。この地域の金工は、東北や遠国という認識が当てはまることのない瀟洒な作品を遺している一方で、この鐔のように武骨でありながらも長閑な風情を感じさせる作も生み出しており、名のある金工以外にも地方色豊かなところに魅力が見出せる。特にこの鐔は、素銅地が持つ柔らか味と、光沢のある肌合いなどが見どころ。くっきりと浮かび上がった背骨、強く張った肩と腰、艶やかな目玉も活きている。図柄の面白さは格別で、裏は寝そべる牛を下から眺めた様子。

保存

350,000

三夕図鐔 金象嵌花押

三夕図鐔 金象嵌花押

Mumei

 新古今和歌集所載、西行の「心なき身にもあはれは知られけり 鴫立つ沢の秋の夕暮れ」、藤原定家の「見渡せば花も紅葉もなかりけり 浦の苫屋の秋の夕暮れ」、寂蓮の「寂しさは その色としもなかりけり 真木立つ山の秋の夕暮れ」の三首は、静かに暮れ行く秋を詠んだ「三夕」として遍く知られている。その情緒豊かな景色を赤銅地高彫とし、人物描写も細やかに、詠み込まれた風景を量感のある高彫、金銀素銅の色絵、朧銀と金の平象嵌で描き表している。

保存

300、000

唐人舟遊図鐔 銘 松村勝成

唐人舟遊図鐔 銘 松村勝成

Katsunari

 勝成は会津正阿弥派を代表する松村家の工で、古典的山水図を高彫金銀象嵌の手法で描くを得意とした。世の煩わしさから離れて大自然の中に生きることに憧れた古代中国の賢人に自らを重ね合わせ、装剣小道具に深山幽谷を描いて遠い世界に想いを寄せたもの。この鐔は、万斗の水を落とす瀧に舟遊びする詩人の姿を高彫表現した作。質の良い鉄を彫り込んで金銀の象嵌を施し、夕暮れ時の静かな空気感を大切にしている。 
保存刀装具鑑定書

保存

150,000

投桐透図鐔 無銘 肥後

投桐透図鐔 無銘 肥後

Higo

 利休より受け継がれた茶の美意識の、肥後金工による表現。茶室の窓に映った花桐の陰影が主題。鍛え強く鉄色黒々としたこの鐔は、表面には穏やかな鎚目が残り耳の筋鉄骨と共に素材の魅力
  保存刀装具鑑定書(肥後)

保存

120,000

大鐘に童図鐔 無銘 松下亭派

大鐘に童図鐔 無銘 松下亭派

Shokatei

 京の松下亭元廣一門の、海辺に遊ぶ童を心象的に描いた作。赤銅魚子地は粒が小さくしかも綺麗に揃っており、広大な海原と砂浜を暗示。浜辺には貝が散らばっているのどかな風景ながら、裏面に貝を拾う童を描いて自然の豊かな恵みのあり様を鮮明にしている。鋤彫を加えた高彫は彫口が鋭く図に締まりがあり、要所に加えられた金銀の色絵も精密。
保存刀装具鑑定書(松下亭派)

保存

270,000

四菱透図鐔 無銘 明珍

四菱透図鐔 無銘 明珍

Myochin

 葵の葉を四方に配した古典的な意匠とし、笄櫃と小穴により括猿の文様とした味わい深い鐔で、明珍派の作と極められている。鉄色は黒々とし、耳の所々に筋状と瘤状の鉄骨が現れ、色の黒い深みのある艶を呈している。丸い環状の耳に地板を鍛着したものであろう、地面の耳寄りが薄手に仕立てられており、指先に微妙な肉採りが伝わり来る。 
保存刀装具鑑定書(明珍)

保存

100,000

網代図鐔 無銘 秋田正阿弥

網代図鐔 無銘 秋田正阿弥

Akita-shoami school

 秋田正阿弥派は傳兵衛を筆頭に、傳内、傳七、重央、重廣、重定など、技術のみならず感性にも優れた金工が活躍している。この鐔は松皮菱を意匠とし、直線的構成線に鐔の丸み、網代模様とした地面などの曲面を組み合わせ、耳際に忍草を文様として散らして美観を高めている。
保存刀装具鑑定書(秋田正阿弥)

保存

160,000

東天紅図鐔 無銘 岩本派

東天紅図鐔 無銘 岩本派

Iwaoto school

  日の出が間近の明らんだ空に向かい雄々しい声を上げる鶏図。岩本昆寛の同図で知られるこの鐔は、赤銅地を高彫に仕立て、鋤彫と高彫を組み合わせた巧みな技法で、拡大鏡による鑑賞にも耐えうる描写としている。
保存刀装具鑑定書(岩本派)

保存

350,000

花菱紋沙綾形文図鐔  銘 吉田雄矩令 加藤正親作之

花菱紋沙綾形文図鐔  銘 吉田雄矩令 加藤正親作之

masachika

 武州伊藤派が得意とする、精緻で瀟洒な文様表現からなる作。沙綾文を施し、これを背景に浮かび上がるように花菱紋を肉高に彫り出し、花の中央にのみ金の点象嵌を加えて菱形の構成を印象付けている。吉田雄矩なる武人の注文で、精魂込めて彫り込んだ正親の感性と技術が際立つ出来。 保存刀装具鑑定書

保存

170,000

円相図鐔 無銘 平田

円相図鐔 無銘 平田

Hirata

 禅の公案としても知られる一円の相を平田派独特の彫法で表現した作。同心円を轆轤台において形成される皿や椀に見立てた「轆轤鑢」と呼ばれるのも、茶の美意識を伝える肥後金工らしい味わいから。落ち着いた色合いの素銅地の耳を立て、轆轤を挽いたように円相を彫り出した簡潔な彫口で、地面に現れたごく細い筋の質感が指先に伝わり来る。腕抜緒の小穴もすっきりとして、用の美観がある。 
特別保存刀装具鑑定書(平田)

特別保存

350,000

糸巻透図鐔 無銘 尾張

糸巻透図鐔 無銘 尾張

Owari

 透かしが施された作ながら比較的肉が厚くがっちりと作り込まれ、切羽台を僅かに鋤き込んだ痕跡もあり、実用の道具らしい骨太な鍔。焼手を加えたものであろう鉄色黒々としてねっとりとした光沢があり、鍛えた槌の痕跡が窺える。

保存

220,000

柳に鷺透図鐔 銘 仙寿作

柳に鷺透図鐔 銘 仙寿作

Senju

 柳村仙寿師は古名作の彫物を再現し、あるいは新たな題材と意匠を創案して高い評価と人気を得、刀身彫刻において無鑑査に、さらに岡山県指定重要無形文化財に認定された。この鐔は、赤坂鐔独特の風合いを手本として洒落た陰影を追求した作。鉄色黒く、焼手腐らかしによって層状の鍛肌が鮮明に表されており、鷺の小魚を探す水辺の雰囲気と、枝垂れ掛かる柳の樹相を印象深く表現している。

-

120,000

降龍図鐔 銘 一柳友次(花押)

降龍図鐔 銘 一柳友次(花押)

Tomotsugu

 一柳友次は、代々が龍神図を得意とした友善家六代目の初期銘。先代の没後に家督を相続して友善と改銘した。この鐔は、緻密に詰んだ質の良い鉄地を木瓜形に仕立て、湧き立つ雲を意図したものであろうか微妙に抑揚のある背景に処理し、躍り出た龍神を動感のある高肉に彫り表している。顔は一際厳しく、肩、脚部が強く張り、鱗、背鰭、周囲を掻く手足の爪も鋭い彫口。興味深いのは表裏対称的構図で、表情のみ阿吽の相としている点。

特別保存

250,000

笹舟蜘蛛図鐔 銘 城州西陣住正阿弥 市郎兵衛政徳作

笹舟蜘蛛図鐔 銘 城州西陣住正阿弥 市郎兵衛政徳作

Masanori (Shoami)

 市郎兵衛の個銘が刻された正阿弥政徳の鐔。正阿弥政徳は、埋忠派と共に京において琳派の美観を装剣小道具に展開した金工。京の風景や雅な事物を文様として表現するを得意とし、繊細な布目象嵌を駆使した名品が多く遺されている。この鐔では、うっすらと雪を被った山野が背景であろうか、笹舟で新たな地を求める蜘蛛を主題としている。筆絵のような松と柳、波は鋤彫でこれも文様風。平目地蒔絵のような銀象嵌の雪が活きている。

特別保存

180,000

投桐透図鐔 銘 赤坂忠則作

投桐透図鐔 銘 赤坂忠則作

Tadanori

 初代忠則は清左衛門と称し名工忠重の門人で、師より伝授された鉄の熟しに長け、赤坂風の作品のみならず布目象嵌などを施した赤坂鐔工としては新趣の作品も遺している。この鐔は、西垣勘四郎に倣った、丸鉢に無造作に活けられたような桐の花枝を意匠とした作。平面的描法ながら構成に動きがあり、葉脈も複雑に入り組んでこれも動きを感じさせる要素。鉄色黒く光沢があり、指先に触れると滑らかな質感が伝わりくる。造り込みが碁石形で、透かしの切り口がシャープで陰影が鮮やかである。

特別保存

350,000

飛燕図鐔 銘 天台山麓園部芳英(花押)

飛燕図鐔 銘 天台山麓園部芳英(花押)

Yoshihide

 精巧緻密な高彫表現を得意とした園部芳(よし)英(ひで)。春の暖かい風を切り裂いて飛翔する燕を描き、どこまでも青く清らかに澄んだ空気を表現した鐔。涼やかに流れる小川と、そのほとりに咲く蒲公英、土筆、遠く広がって天に溶け込む大地も、総てが空気のありようを演出している。主題の背後にあって重要な存在は、細やかに揃った赤銅の魚子地に他ならない。陽の光を大地に届けてくれるのが空気。円周状に打ち施した魚子地も燕や草原に生命感を与えている。赤銅の黒、銀の白、目玉の金、頬の素銅とわずかの色金ながら、写実的高彫描写された燕は細部まで精密。小川の流れは高彫で、切羽台のみ銀の平象嵌。
注…天台山とは寒山拾得で知られる国清寺のある霊山。我が国では比叡山のことで、江戸では寛永寺を意味している。

特別保存

600,000

桜花透図鐔 無銘 神吉

桜花透図鐔 無銘 神吉

Kamiyoshi

 神吉作と極められた美しい鐔。緻密に詰んで色合い黒々とした上質の鉄地を微細な石目地に仕上げて土手耳とし、地面には穏やかな膨らみをもたせ、この全面に満開の桜を浮かび上がらせている。霞起つ春の野を想わせる暖か味のある文様で、桜の周囲には木々の間から漏れ入る陽の光を巧みに構成。蕊の毛彫も繊細でしかも生き生きとしている。

保存

180,000

菊花隅合三鱗紋図鐔 銘 直光

菊花隅合三鱗紋図鐔 銘 直光

Naomitsu

 次郎太郎直勝の門人で鍛冶平と呼ばれた名人細田平次郎直光の信家写しの鐔。質の良い鋼を素材としたものであろう、鍛えた鎚の痕跡が全面に残されて鉄色黒く渋い色調を呈している。意匠は菊花を変わり形に仕立てたもので家紋を配し、鐔止めに工夫したものであろうか四方に小孔を設けている。耳際をやや厚手に仕立てて強靭な趣があり、古調な響音もまた素材の良さを窺わせている。自身作の遺例が尠ない直光だが、鐔についてはさらに類例が稀である。

特別保存

450,000

波図鐔 無銘 西垣勘四郎

波図鐔 無銘 西垣勘四郎

Nishigaki Kanshiro

 初代西垣勘四郎に特徴的な、毛彫を加えない泥波と呼ばれる躍動感に満ちた波文が肉高く彫り出された作。勘四郎は慶長十八年の生まれで、細川三斎の美学を具現化する作業に従事し、肥後金工の一翼を担って特殊な世界観を展開した。波は止むことなく繰り返しているところから永遠の生命を暗示する図柄。この鐔の真鍮地は時を重ねて色合いに深味が感じられ、独特の光沢を呈している。質素な中にそこはかとなく漂う華の感じられるところも茶に通じた肥後金工の特質。 

特別保存

650,000

二艘帆船図鐔 銘 八道友之作

二艘帆船図鐔 銘 八道友之作

Tomoyuki

 長州鐔工は山水図を得意とし、精巧でしかも洗練味のある作品が多い。八道家の友之も技量が高く、正確な構成からなる彫口の鮮明な作品を遺している。この鐔は、緻密に詰んだ上質の鉄地を達磨形(安親による大学形)に造り込み、富をもたらす帆掛け船が荒波を掻き分けて併走する様子を大胆に意匠した作。裏には海に浮かぶ幻の蓬莱島を描いているのであろうか、簡素でしかも洒落た意匠で霧の中に浮かび上がるように彫り描いている。

保存

200,000

羅漢図鐔 銘 山城国伏見住金家

羅漢図鐔 銘 山城国伏見住金家

Kaneie

 鍛え強い鋼を薄手の竪丸形に仕立て、耳を打ち返して空間を切り取り、地鉄は鍛えた鎚の痕跡が明瞭で、修行僧の闊歩する荒野を想わせる肌合い。羅漢の身体は同じ鉄を用いた共鉄象嵌、眼窩が窪んで厳しい表情を示す顔と仏舎利は銀の高彫象嵌、要所に金の点象嵌を加えている。裏面は金家に間々みられる京近郊と思しき山水風景図で、釣り人もまた共鉄象嵌。波は毛彫。ゆったりと連なる山並みは、その端が穏やかに霞み込んでおり、これも金家の特徴である。
 羅漢の目線は、自らが前にささげている仏舎利を通して遥か遠くに結ばれているようだ。数十年の長きに亘って修行を重ねてもなお、師と仰ぐ釈迦は見えてこない。民衆から羅漢と呼ばれて敬愛されてはいても、釈迦と同じ観念世界には永遠に到達できないのではないだろうか、と苦悩する表情が窺いとれるのである。

-

参考品

正月飾図鐔 銘 戸張良弘(花押)

正月飾図鐔 銘 戸張良弘(花押)

Yoshihiro

 良弘は、後藤家に学んだ戸張富久の門人。その後藤家に倣った粒の揃う赤銅魚子地を背景に、正月飾りを高肉に彫り描いた作。注連縄は朧銀地で、彫口高く曲線を描いて躍動的な構成。ゆずり葉と裏白を、これも量感豊かな高彫に金銀の色絵を施した華麗な描法。銀はわずかに金を含んでいるのであろうか、暖か味のある色調。ゆずり葉の一部に金の露象嵌が施されており、これも光沢があって艶やか。御幣のみ渋い色調の銀色絵。

保存

300,000

紗綾形文丸龍文図鐔 銘 長崎之住勘治作之

紗綾形文丸龍文図鐔 銘 長崎之住勘治作之

Kanji

 長崎の居住地が刻された、作例が貴重な鎌田勘治の鐔。肥前国には、若芝のような山水図を薄肉彫に繊細な布目象嵌で表す工の他、平戸國重のように南蛮様式の金具を専らとした金工がある。京正阿弥派の影響を感じさせるこの鐔は、南蛮風の緻密な図柄ながら、和風の宝尽し文をちりばめ、濃密な布目象嵌の手法で全面を華麗に装飾した作。南蛮鐔に多い龍神図も丸文に意匠しており、耳には金で雲文を廻らして拵に装着した際の美観にも意を払っている。

保存

250,000

霞松透図鐔 銘 埋忠宗武

霞松透図鐔 銘 埋忠宗武

Munetake

 宗武は京に栄えた埋忠明壽の流れを汲む工で、明壽の通称「彦次郎」を銘に切り添えた作や、元禄十六年の紀年銘のある作もあり、埋忠家の本流の一人である。大振りな造り込みのこの鐔は、明壽も好んだ琳派の美観を採り、風景の文様表現を突き詰めた作。松の樹林に起ち込めるのは霞か霧か、穏やかに起伏する肉彫に繊細な松葉の毛彫、透かしは大気の流れを暗示し、我が国の自然観に応じた美しい景色となっている。地鉄は緻密で色合い黒く、石目地仕上げで渋い地相を呈している。

保存

200,000

箙図鐔 無銘 平田

箙図鐔 無銘 平田

Hirata

 江戸時代中期、七宝象嵌の表現手法は目覚しい進歩を遂げ、鮮やかでしかも透明度の強い材料の開発に成功している。それ以前の、殊に平田家初代道仁の作品には、色硝子を素材としながらも泥七宝に似た素朴な風合いを示す古風な七宝がある。箙を文様化した七宝象嵌になるこの鐔は、平田各代の中でも時代の上がるものとみられ、緑、黄褐色、白、橙色、灰緑など濁りのある質素な色合いの組み合わせで渋い光沢に包まれ、七宝の特徴の一つでもある鬆や気泡の入った様子、その研ぎ出された表面の景色など鑑賞のポイントは多い。下地は赤銅地の、これも質朴な石目地仕上げ。

特別保存

400,000

宇治川合戦図鐔 銘 洛南住元武作

宇治川合戦図鐔 銘 洛南住元武作

Mototake

 鉄地肉彫に金銀素銅の象嵌を施す手法により、合戦の場面を躍動的に表現するを得意とした鐔工に、彦根の藻柄子宗典がおり、その影響を受けたものであろう京には柊屋やこの元武などがいる。いずれも重要な意味を持つ名場面、あるいは武家が採るべき行動や規範を示したもので、後藤家の合戦図などに通じるところがある。本作は人物や背景の描写に量感があり、特に人物の表情には独創性が窺える。画面を斜めに切る宇治橋が力強く、雪解けの増水による波も複雑で一際激しい描写。

保存

280,000

波濤雲龍図鐔 銘 月山

波濤雲龍図鐔 銘 月山

Gassan

 松尾月山は文化十二年京都の生まれ。十二歳で京の名流大月派の川原林秀興に入門、秀でた彫刻技術だけでなく、図柄構成においても他を圧する存在感を示して大成した。この鐔は、鍛え強く緻密に詰んだ鉄地を微細な石目地に仕上げ、打返耳で大宇宙を切り取ったように画面とし、微妙な鋤彫と立体的高彫で黒雲をまとって天上へと舞い上がる緊張感に満ち満ちた龍神を彫り描いている。裏面は今龍神が現れた海原。鉄色黒くしっとりとし、この工独特の空気感が表現されている。松尾月山の正真作は世に稀く貴重である。

特別保存

700,000

無文図鍔 無銘 刀匠

無文図鍔 無銘 刀匠

Tosho

素文図鐔 無銘 刀匠

江戸時代初期
特製落込桐箱入
縦84.ミリ 横84.5ミリ 切羽台厚さ3.5㎜
保存刀装具鑑定書(刀匠)
価額 100,000(消費税込)

 日常にある様々な道具の中に美しさを見出す美意識は我が国の芸術を特徴付ける一つの要素であろう。本作は刀匠と極められた作品。透かしを一切施さず
素朴な鉄地の風合いと深い錆の光沢を鑑賞要素とする極めてシンプルな鐔である。僅かに歪んだ形状は長い月日の間に黒錆が深く鉄地に食い込んで鐔の外周に凹凸が生じた結果であり、柔らかさを感じさせる。刀匠の鍛えた玉鋼の強靭さと時の経過がもたらした自然の美しさが共存している鐔である。

保存

100,000

飛脚図鐔 銘 山城国伏見住金家

飛脚図鐔 銘 山城国伏見住金家

Kaneie

 信家、埋忠明壽と共に桃山三名工と謳われている金家は、自らの作品に年紀を刻すことがなかったことから、時代背景が未だに不明確なままである。このため、後の鐔研究者や愛鐔家諸氏は、その創作活動の年代を割り出すために関連性のある資料を掘り起こし、年代比定を試みている。
 そもそも金工や鐔工は拵製作に関わる一職人。自ら製作した金具に銘を刻すようになったのは多くは桃山期からであり、わけても金家は、銘を刻すことによって自己を確立しようとした芸術家的金工の嚆矢。ここに桃山期の文化面での潮流が窺いとれる。

-

参考商品

牡丹獅子図鐔 無銘 薩摩金工

牡丹獅子図鐔 無銘 薩摩金工

Satsuma

 薩摩国の示現流剣術は一撃で相手を倒すことを目的としたため、総体の構造上の工夫だけでなく、速やかな抜刀への工夫もあった。比較的寸法が長くがっしりとした刀身の割に小振りの鐔を掛けるのも特徴の一つ。知識派とみられるこの鐔は、角形の隅を削いで撫八角形とし、腰に帯びた際の障りを抑えた構造。質の良い赤銅地を石目地に仕上げ、独特の薄肉彫で岩牡丹と獅子を彫り描き、手前の獅子は量感のある高彫に金色絵で、これも躍動的。 保存刀装具鑑定書(薩摩金工)

保存

330,000

投桐透図鐔 無銘 神吉深信

投桐透図鐔 無銘 神吉深信

Kamiyoshi Fukanobu

 西垣勘四郎など江戸前期の肥後鐔工が生み出した簡潔な意匠構成になる投桐透かしの図柄は、年月を経て美観が突き詰められ、さらに地鉄そのものも洗練味を帯び、古作とは違った趣と精巧さを強めている。即ち微塵に詰んだ地鉄が神吉深信の魅力。しかもこの鐔は指先で弾くと軽やかに響く。鉄色黒々として光沢強く、微細な石目地が加えられており、表面が滑らかで心地よい質感。くっきりと施された葉脈の毛彫も美しい。

保存

270、000

稚落し獅子図鐔 銘 近江守継平 横谷宗與(花押)

稚落し獅子図鐔 銘 近江守継平 横谷宗與(花押)

Tsuguhira and Souyo

 刀工継平が地鉄を鍛え、宗與が彫刻を施した、両者の珍しい合作。継平は初代が越前康継の門人で、以降代々が江戸を活躍の場とした。この宗與は五世と切り添える起龍斎宗珉同人で江戸後期の巧者。初代が創案した強弱変化のある片切彫を自らも得意とし、本作では初代の同図を手本とした迫力ある空間描写としている。突き落とされて宙を舞う児獅子と這い上がる児獅子の力強い姿を描き、裏面には、宗珉の得意とした繚乱の牡丹を描いている。 特別保存刀装具鑑定書

保存

350,000

影蝶透図鐔 無銘 古甲冑師

影蝶透図鐔 無銘 古甲冑師

Ko-kachushi

 繭玉や羽根を広げた蝶を想わせる陰影は、再生を通じて成す永遠の生命への願いが窺える。地鉄は、数百年を経て生じた錆の下にうっすらと鎚の痕跡が窺え、ねっとりとして、しかもカランと乾いた響音が心地よい。興味深いのは、土手耳に唐草文が施されていたと思われる点。装飾の変遷が窺い知れるのである。 

特別保存

350,000

四方州浜透図鐔 無銘 埋忠

四方州浜透図鐔 無銘 埋忠

Umetada-school

 安定感のある木瓜形の四方に花弁のように州浜を配し、それらの縁を金と銀の布目象嵌で装った、京で育まれた文様文化が主題の、品位が高く美しい鐔。真鍮地は表面に微細な皺状の肌模様(注)が浮かび上がっており、埋忠明壽にもみられる特徴。金は頗る鮮やかで、銀は独特の深みのある光沢、それらの特性を活かしているのが真鍮地であろう。
保存刀装具鑑定書(埋忠)

保存

-

李白観瀑図鐔 銘  生壽軒濱野春好(花押)

李白観瀑図鐔 銘  生壽軒濱野春好(花押)

Haruyoshi

 酒を友として瀧を眺める李白の渓谷に佇む姿。濱野春好は二代目矩随の門人で、濱野一門らしい精巧な高彫表現を得意とした。この鐔は、精良な鉄地を竪丸形に仕上げ、聳える岩山を高彫で表わし、瀧水の霧になり雲になる様子は微細な肉彫と点刻の組み合わせ。ここに空気の流れが感じられ、遠景は霧に霞んで無限に広がる。
保存刀装具鑑定書

保存

200,000

鯱図鐔 銘 間

鯱図鐔 銘 間

Hazama

 鉄砲鍛冶の技術を生かし、砂張を用いて鐔の装飾へと視野を広げたのが近江国友村出身の鉄砲鍛冶。間派の平面的表現からなる個性は頗る強く、砂張象嵌の名称と共に世に響いている。この鐔は、千木が設けられた屋根を想わせる交差された線と鯱の組み合わせになる間らしい簡潔な出来。
特別保存刀装具鑑定書

特別保存

450,000

正月飾図鐔 銘 如柳

正月飾図鐔 銘 如柳

Joryu

 如柳は村上如竹の門人。正月飾を彫り描いたこの鐔が良い例で、漆黒の赤銅を磨地に仕上げ、海老の地色を想定して量感のある高彫に素銅色絵とし、目玉は赤銅、手足の所々に金の色絵を微かに加え、全体に毛彫と三角鏨を打ち込み甲羅の表情や手足触覚の動きを表現している。
保存刀装具鑑定書

保存

350,000

波に藻貝図鐔 無銘 鏡師

波に藻貝図鐔 無銘 鏡師

Kagamishi

 鏡師による鐔は、鋳造という製作上の特性から、地面に浮かび上がる文様の表面やその背景となる平面に砂目が現れ、鏨による彫刻とは異なった渋い質感が大きな魅力。この鐔も、古鏡のような構成美に見入る。素材は古調な色合いを呈する山銅地で、打ち返したような耳の構成線も波打ち際を想わせる。
保存刀装具鑑定書(鏡師)

保存

180,000

富岳松原図鐔 銘 吉村一啓(花押)

富岳松原図鐔 銘 吉村一啓(花押)

ikkei

 風情ある美観の要素となった鉄石目地甲(こう)鋤(すき)彫(ぼり)を駆使し、三保松原から眺めた図であろう、雪の残る富岳に帆掛け舟、彼方に水平線を、近景に砂浜と松を描いて雄大な駿河の海のとの対比を鮮明にしている。一(いっ)啓(けい)は鶴作と称し文政六年の生まれ。独立後は佐賀に開業して栄えた。 
特別保存刀装具鑑定書

特別保存

450,000

数珠透図鐔 無銘 羽黒

数珠透図鐔 無銘 羽黒

Haguro

 出羽国羽黒修験鍛冶が製作したと伝える存在感の強い鐔。太刀を打ち振って自らの身を守り、また一方で人を殺めねばならない武士にとって、数珠透の鐔は懐に忍ばせた念珠そのもの。これを腰に、武士は戦場を経巡ったものであろう。鍛え強い地鉄は焼手が加えられて鉄色黒く、大小連なる数珠の粒が艶やか。表面に鍛えた鎚の痕跡が窺え古調。

特別保存

850,000

巴桐透図鐔 無銘 西垣

巴桐透図鐔 無銘 西垣

Nishigaki

 初代西垣勘四郎の鐔は総じて歪んでいる。即興的な製作であると説明されているように、定型化されない、或いは完璧ではない、さらには朽ちてゆく過程にある空間にも茶の美観があるという理解も、勘四郎の創作意識に備わっていたのではないだろうか。鉄色黒々として渋い光沢に包まれているこの鐔も、巴に桐を組み合わせた簡潔な図柄ながら、見事に安定感を捨て去り、巴が備えている永遠の動きをも暗示させる作となっている。

特別保存

200,000

双瓢透図鐔 無銘 金山

双瓢透図鐔 無銘 金山

Kanayama

 上下に瓢を巴状に組み合わせた簡潔な図柄。時代の上がる金山鐔の意匠は、時に禅味を含んでいるようで捉え所のないものがある。それも鐔の面白さの一つであろうか、本作を前にして自らの内面を思索してみるのも良いだろう。この鐔は、時代の上がる鐔にままみられる、わずかに横長の造り込み。色合い黒々とした地鉄はねっとりとした質感を保ち、指先を心地よく刺激する。殊に耳のいたるところに、光沢が強く色合い黒く澄んだ瘤状、筋状、粒状の鉄骨が突き出している。

特別保存

300,000

鯱図鐔 銘 長州萩住友富作

鯱図鐔 銘 長州萩住友富作

Tomotomi

 大振りながら、角形の各辺を絞って糸巻風に引き締まった造り込みとした鐔。河治友富は弥平次と称し、毛利家の藩工。宝暦二年に家督を継承している。この鐔は、黒々とした質の良い鉄地を磨地にし、個性的な意匠からなる量感のある鯱を渋い色合いの山銅で高彫象嵌した作。敢えて華やかな金銀を用いずに造形の妙味を訴えている。裏面は嵐の海原。この波にのみ金銀の線象嵌を施し、降りしきる雨は簡潔な筋彫。左右に雲を陰に透して印象を強め、耳を鋭く打ち返している。

特別保存

200,000

梅桜花文小透図鐔 無銘 刀匠

梅桜花文小透図鐔 無銘 刀匠

Tosho

 古くは自らが鍛えた太刀に添えて製作したのが刀匠鐔とも言われている。それらは素材である鋼に強靭な趣があり、時に鍛え肌が現れて古作としての味わいが格別である。切羽台に比較して耳際を薄手に造り込んだこの鐔も鉄色黒々として室町時代にまで上がる風合いが感じられ、地面の鍛えた鎚の痕跡も味わい深く、簡潔に透かしぬいた梅と桜の穴が鮮やか。戦乱を経た実用の時代の鐔である。

特別保存

170,000