​ 日本刀専門店銀座長州屋がご紹介する鐔、目貫、縁頭、小柄、笄、揃金具などの刀装具を種類別にまとめた商品検索ページです。ご要望のお品がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。(価額税込)

Copy right Ginza Choshuya

検索には常用漢字をご利用ください。
10001000.jpg

黒漆塗六枚張置手拭兜 附 釘抜前立

Oki Tenugui Kabuto, "Kuginuki"designed Mae-tate

 頭頂部の矧板が手拭を置いたように見えることから置手拭形兜と呼ばれる変り兜。矧板を相互に鋲留めして兜鉢状に仕立てる横矧の構造で、主として紀州雑賀にて発展した様式。置手拭形兜は矧板の湾曲が越中形兜や日根野形兜に比べて平坦で、頭高が低く構成されている。これは、越中形や日根野形のような腰巻板のない、三枚張の兜を基礎として製作された為である。高級武将が着用する最高級品としての名声を博した春田派の阿古陀形兜は応仁の乱以降の戦闘様式の変化に伴い徐々に衰退していくこととなる。こうした事態に直面した春田派の諸工が、その製作を縮小し、筋兜や頭形兜を製作するようになり、新天地を求めて紀州雑賀に移住した一部の工人と共に、新機軸の兜を開発した結果生まれたのが置手拭形兜ということになろう。

-

-

10001000.jpg

蓬莱蒔絵十字紋散刀掛(島津家伝来)

Katana-kake (formerly owned by the Shimazu clan)

 正月や祝儀の席などに欠かせぬ蓬萊飾りは、我が国の自然観を背景に育まれた長命への願い。蓬萊島に棲み長寿の象徴として遍く知られる鶴と亀は長寿であるが故、「亀鶴の契り」の語が生まれている。
 そんな蓬莱を描いた表題の刀掛は、大名様式からなる刀掛の典型的な遺例であり、要所に丸に十文字紋蒔絵と、同じ紋所を散らした真鍮金具を備えている島津家伝来の逸品。また、本作は婚儀の祝いとして特別な意図をもって製作された作であることが想像される。岩菊は白無垢を着た姫君の象徴であり、地下に根を伸ばして多くの花をつける様は子孫繁栄を意味するものであろう。画題の底に流れる子孫繁栄の切なる願いを背景に、美しい心象風景とされているのである。

-

-

10001000.jpg

黒漆塗沢瀉紋金粉蒔絵刀掛

"Omodaka"mon kin-pun makie, katanakake

 黒漆塗に金粉蒔絵にて立沢瀉、抱沢瀉など四種類の沢瀉紋を、さらに永楽通宝紋や丸に頭合わせ三つ木文字紋などの家紋を散し配した刀掛。
 持ち手を横に渡す形式は大名家の遺例に多く見られるもので、遠く織田信長を思慕したものであろうか、永楽通宝紋が描かれている点が興味深い。永楽銭は明朝の永楽帝時代の銭貨のことで、北方の小皇族より身を興し、己が軍略を以て明朝最大の版図を築き上げた永楽帝に、信長が自らの姿を重ね合わせて紋所としたものと思われる。一方沢瀉は、前にのみ進んで後退しない蜻蛉(勝虫)が羽根を休める植物として、また網目のように根を張って成長することから繁栄の象徴として好まれ、毛利元就が家紋に採り入れたことは良く知られている。

-

450,000

10001000.jpg

裾濃紫色糸縅小札陣羽織

Jin-baori

 甲冑に用いる小札を縅し付けた構造の、具足に見紛う容姿と高い防御力を併せ持つ、実用性が追求されたずっしりと重い陣羽織。
陣羽織は高位の武将が戦場において甲冑の上に着用し、自らの武威を示すことで自身の存在を際立たせ、敵兵の戦意を挫く一方、自軍の兵卒の士気を鼓舞するという重要な役割を担った戦装束。陣羽織が全盛を誇った桃山時代の代表的陣羽織には、織田信長の黒鳥毛揚羽蝶模様陣羽織や豊臣秀吉の富士御神火文黒黄羅紗陣羽織、伊達政宗の五色水玉模様陣羽織などがあり、各武将が独創性溢れる様々な陣羽織を着用して戦に臨んだのであった。

-

-