​ 日本刀専門店銀座長州屋がご紹介する鐔、目貫、縁頭、小柄、笄、揃金具などの刀装具を種類別にまとめた商品検索ページです。ご要望のお品がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。(価額税込)

Copy right Ginza Choshuya

検索には常用漢字をご利用ください。
錬革黒漆塗美女頬

-

 幕末期に西洋式の最新銃が普及したことで、これに備える防具も軽量化と簡素化が進み、高級武将が着用する甲冑でも操作性を重視した練革を用いた具足が製作されている。黒漆塗を施したこの面具は、皺を入れずに滑らかな構造とし、耳は切耳に鼻筋を美しく通した相。高貴な女性を思わせることから美女頬と呼ばれている。練革製の健全な面頬は稀。

Bijo-ho (Menpo)

-

錬革黒漆塗美女頬

鉄錆地漆塗劣勢頬

-

 垂の上部を山形に切り込んだ伊予札様式の垂を皺皮で包んだ隆武頬。皺皮包の垂は、行軍の際に生じる音を吸収させ静寂性を高める目的から表面を革で覆う工夫をしたもの。面頬本体は表面を鉄地に錆地漆塗とし、開口部には金泥塗になる歯をのぞかせ、打ち皺は鋭利で、特に顎を強く突き出させて威嚇効果を高めている。大きく張った掛け外し式の鼻も迫力がある。

Ressei-ho (Menpo)

-

鉄錆地漆塗劣勢頬

鉄地黒漆塗隆武頬

-

 朱漆で赤く仕立てられた口元と、掛け外し式の鼻に施された三段の皺の様相が敵を威嚇する要とされた面頬。顎の下には六星を透かして汗流しの穴とし、緒便を顎先に設えた造形。頬には強く張った厚手の緒便板を備え、これに切込みを設け、さらに頬下を窪ませ顎を張り出させて抑揚のある面具としている。塗りも面頬表面を黒漆でしっとりと仕上げた上々の出来である。鉄地板物四段垂は常緑の翠を表す深碧(天然の碧玉の色)と呼び倣わされる緑糸を素掛に縅し、畝目と菱縫を裾板に施して豪華に仕立てている。

Ryubu-ho (Menpo)

450,000

鉄地黒漆塗隆武頬

背負陣太鼓

-

 陣太鼓は、古くは祭礼用の大太鼓が用いられた。『国立歴史民俗博物館本 前九年合戦絵詞』には、棒に吊るした太鼓を力者二人が担ぎ、その脇に桴(ばち)を持った武士の姿がみられる。また、『源平盛衰記』によれば宇治川合戦の最中、義経は平等院より太鼓を借り出しているという。これも祭礼用であろう。
しかし、大規模な集団戦法が普及すると、部隊ごとに太鼓が必要となり、やがて背負紐をつけた陣太鼓が考案された。その使用の様子は『長篠合戦図屏風』に見ることができる。織田、徳川連合軍目掛けて進軍する甲斐武田勢の中に、背後に桴を手にした将兵を従え、陣太鼓を背負った兵の姿があることから、戦況を見ながら陣太鼓を打ち鳴らしたものであろう。鉄炮の玉が激しく飛び交い、名立たる将兵が倒れる最前線にても、太鼓を背負う兵は実に軽装備であった。そして軍勢の進退を左右する彼らが標的とされる事もあったであろう。まさに体を張った進軍であった

Jin Daiko

-

背負陣太鼓

黒漆塗日輪梵字蒔絵軍配扇(織田信長所持)

-

 元来、鎧の隙間に風を送るべく、一軍の将たる武士が戦陣で所持したのが軍配。軍勢の指揮権、一国の領有権を表わす言葉と同義で、朝倉孝景は家訓に「不器用の仁に、団扇ならびに奉行職、預けらるまじきこと」と記している。両脇部分が括れた、今日の大相撲行司が所持するような軍配の形になったのは戦国時代。装飾は華やかになり、見栄えの良い作も登場している。戦功のあった家臣への褒賞として、太刀や短刀と共に軍配を与えることもあったという。
 「拠旧記此軍配扇(旧記に拠ればこの軍配扇は)」の書き出しから始まる明治四十三年吉田追風箱書によれば、この軍配は天下人織田信長から木瀬蔵春庵が拝受したもの。木瀬蔵春庵は朝廷の相撲節会行司の流れを汲み、元亀元年三月三日近江の力士を集めて、信長の御前で相撲を取らせた際に行司を勤め(『信長公記』巻二)、天正六年二月二十九日安土での御前相撲では御服を下賜されている。

Gunbai

-

黒漆塗日輪梵字蒔絵軍配扇(織田信長所持)

鉄地朱漆塗板物四段垂切付小札半頬

-

 赤備の具足は武勇に優れた武士に着用が許されたと伝える。色鮮やかな朱色と上品な紺糸がよく映えて美しい。

Hanpo

70,000

鉄地朱漆塗板物四段垂切付小札半頬

鉄茶漆石目地塗金泥板物切付小札四段垂猿頬

-

 耳に六星の小透かし、垂は金泥とした華やかな猿頬。緒便りの折金まで茶の漆が残っており、半頬本体の保存状態は良好。濃淡二色の威し糸が用いられている。

Saruhou

130,000

鉄茶漆石目地塗金泥板物切付小札四段垂猿頬

鉄地茶漆塗鉄板物四段垂翁面

-

 深い切耳に頬骨を強く打ち出した高貴な面相になる翁面。顎の打ち出しが特に素晴らしく三日月のように張り出した曲線が印象的である。花菱座に緒便りの鋲を左右に一本つづ打ち立て、汗流しの穴と顎下に尖鋲を打つ。

Okina-menpo

200,000

鉄地茶漆塗鉄板物四段垂翁面

鉄地黒漆塗鉄板物三段烈勢面頬

-

藻獅子革に板物三段垂を備え、長めの緒便り鋲を花菱座の上に設けてる。耳の形状が精密に再現され、顎の打ち出しも強く出来が優れている。

Menpo

180,000

鉄地黒漆塗鉄板物三段烈勢面頬

鷹匠道具蒔絵刀掛

-

 この刀掛は、鷹匠道具を、堅木地の流れるような杢目肌を背景に活かし、盛上蒔絵と金切金で量感豊かに表現した極上の作。描かれているのは丸鳩入、餌合子、策、忍縄、水差、尾鈴など。丸鳩入と餌合子は、いずれもふっくらと肉取りした上に色の違えた金、銀を割り込んだ金、朱粉などを蒔絵し、蓋の文様は菊紋に唐草、梅花散し、牡丹唐草で、下地は霞のように淡い暈しを施して文様を鮮明に浮かび上がらせている。大緒は朱漆の表面に金の付描で繊細な線描と点描、一部に銀を蒔いて濃淡変化をつけている。水差は竹を意匠したもの。裏の餌合子の陰に控えめの尾鈴が描かれている。これらの文様は贅沢な金切金で、その表面には文様が薄肉に表されている。側面や台座など主題の周囲の装飾は、七宝文と唐花文の組み合わせ。微妙に色を違えた金粉による、七宝文は盛上蒔絵、唐花文は平蒔絵。総体に細やかでしかも手の込んだ技法が駆使されている。

-

-

鷹匠道具蒔絵刀掛

瑞鳥文緑牙撥鏤鞘金荘白柄刀子 金印銘 義人

-

 正倉院に遺されている刀子は、貴族が階級などを示すために用いたと考えられる品位の高い装身具の一つ。穂先は二寸前後の細身とされたものが多い。朱や緑に染色した象牙の鞘の表面を削って植物や鳥などの雅な文様を浮かび上がらせた、撥鏤と呼ばれる装飾が特徴である。
 撥鏤は麻衣子氏。緑色に染めた象牙の鞘に繊細な毛彫で鳥と植物を彫り描き、象牙の白を基調に所々紅と黄色に染めて華やかな装飾としている。金具は総て金無垢地で、緒通しの金具にルビーの象嵌。義人刀匠の穂身は匂と小沸が鮮やか。金象嵌の印銘が施されている。

Yoshindo

400,000

瑞鳥文緑牙撥鏤鞘金荘白柄刀子 金印銘 義人

牡丹文黒牙撥鏤金荘白牙柄刀子 吉原義人

-

 正倉院に遺されている刀子は、貴族が階級などを示すために用いたと考えられる品位の高い装身具の一つ。穂先は二寸前後の細身とされたものが多い。朱や緑に染色した象牙の鞘の表面を削って植物や鳥などの雅な文様を浮かび上がらせた、撥鏤と呼ばれる装飾が特徴である。
 黒く染めた象牙の鞘に片切彫によって牡丹を唐草風に彫り描いた作。紅色の牡丹に鮮やかな緑の葉が印象的。意匠そのものは吉原義人刀匠のオリジナル。金具は総て金無垢地で色合いが鮮やかである。穂先は古作そのもので、腰元に唐草文が平象嵌されている。小板目鍛えに小沸出来の鮮やかな直刃が焼かれている。

Yoshindo

400,000

牡丹文黒牙撥鏤金荘白牙柄刀子 吉原義人

白猪逆毛包空穂

-

 弓は、鉄砲伝来以前は最強の武器であった。古くから「弓馬の士」の語があるように、弓と乗馬は高位の武士にとって欠くことのできない武芸。その意識は江戸時代まで失われることなく、京三十三間堂の通し矢でも知られるように、剣の道と同様に武術として極まりをみせた。また、大名道具には矢を収めて飾る、あるいは運ぶための弓台、籠半弓、箙などがあり、空穂もその一つ。特に狂言の『靭(うつぼ)猿(ざる)』(注)でも知られているように、戦国時代の高位の武将は、猿や猪の革で包んだ仕立ての良い空穂に心が動かされたようだ。
 この空穂は、厚手の皺革で仕立て、筒全体を流れるような白猪の毛皮で包み込み、竈は黒漆塗で籐の縁取り、間塞は表裏とも黒漆に金粉塗、表に三葉葵紋の高蒔絵で貫禄がある。金具は山銅地で腰帯は皺革黒漆塗。間塞の留緒も山銅の環が残されている。三本籐の筏、鏃を差し込む筬も健全。

Utsubo

-

白猪逆毛包空穂

鉄地黒漆塗六十二間小星兜

-

 鉢の表面に無数の小星を打ち込んだ六十二件小星兜。鍛えの強い鉄地を幅数十ミリほどの細い板に仕立て、僅かに筋を立てて一行三十点の小星で矧ぎ合わせた堅牢な造り込みの兜。前立には大振りの日輪形を備え、綴は茶漆塗五段とし紺糸素懸威としている。

1,000,000

鉄地黒漆塗六十二間小星兜

鉄五枚張黒漆塗置手拭形兜

-

 雑賀鉢に代表される置手拭形兜の貴重な遺例。五枚の鍛鉄を巧みに矧ぎ併せた桃山時代の変わり兜。置手拭の名称は頭頂部に設けられた矧板の形状が折りたたんだ手拭を想起させることからのもの。荒々しい共鉄鋲が鉢の要所に穿たれて頑強に製作されてる。

Okitenugui nari kabuto

-

鉄五枚張黒漆塗置手拭形兜

金梨子地塗鐔蒔絵刀掛

-

 微細な平目地の金粒が際立つように黒漆を下地とした金梨子地塗に、江戸後期に製作された装剣小道具をそのまま台に嵌め込んだかのような、立体的高彫と多彩な色合いの蒔絵を駆使して装飾とした、美しい刀掛。配されている小道具類は、表に大月光興の馬師皇に張果老図鐔、猿廻し図鐔、鍾馗図小柄、裏には水戸打越派弘直の太公望図鐔、大黒天と達磨図鐔。いずれも量感豊かな描刻で、銘までもそのままに彫り表している。江戸時代中期には貝殻や象牙、陶器、金工作品などを蒔絵や漆絵の中に組み込ませる奇抜な表現手法で人気を得た小川破笠がいる。本作は装剣小道具の数奇者が、自らの蔵品を手本に意匠させたものであろう、破笠の作とは言い得ないが、御刀を飾るに適した、妙趣ある出来となっている。

-

金梨子地塗鐔蒔絵刀掛

鉄錆地二十枚張二方白厳星兜

-

  武家が自らの力で大地を切り拓き、武力を以て強い存在感を示したのが平安時代から鎌倉時代。家を意識して護り、名を重んじる気風もこの頃に起こっている。江戸時代に至り、家を興した遠い祖先の活躍を想い偲び、遺し伝えた武具や鎧の残欠などに歴史を感じ、古の世に強い憧憬の念を抱くのは当然のことで、当代の甲冑師に鎌倉期から南北朝時代に用いられた鎧の再現を依頼したのである。
 この兜は、鎌倉時代から南北朝時代の大鎧を再現した、古式床しい造り込み。鍛え強い鉄地を二十枚張とし、一行八点、腰巻板にも一点の大振りの星を筋間中央に打ち、前後正中の二方を金銅地で白とし、前三条、後二条の篠垂を設け、篠垂の先端を、左右片花先形、中央を両花先形としている。これと同じ形の篠垂を持つ遺例が、前出厳島神社所蔵浅葱綾縅鎧の兜。世に出ることが稀有の逸品である。

Ikaboshikabuto(Myochin school)

鉄錆地二十枚張二方白厳星兜

鉄錆地三十二間筋兜

-

 日州飫肥伊東家の家紋として知られる庵木瓜紋を吹返しに備える、義通様式を踏襲した三十二間筋兜。即ち、僅かに前方が盛り上がる前勝山形、筋立の高さが腰巻部から天辺部までほとんど変わらず四点鋲がやや長め、眉庇の中央部分がやや尖るところなどに義通の特徴がある。眉庇中央には下方蜻蛉尻形と呼ばれる独特の祓立台が共鉄の笠鋲にて据えられ、日輪前立が備えられている。

-

600,000

鉄錆地三十二間筋兜

鉄錆地四枚張桃形兜

-

 黒田長政着用の大水牛脇立に日輪前立を備えた兜や柳川藩立花家に複数伝来する金箔押兜で知られているように、桃形兜は桃山時代から江戸時代初期にかけて数多く製作されている。鍛鉄を打ち出し、前頭部に強い傾斜を付けることで銃弾の威力を上下左右に逃がす鉢の構造は、南蛮胴にもみられる往時の最先端技術。鍬形台と祓立台は枝菊文を濃密に彫り上げて日輪前立共々華やか。眉庇部分は江戸初期、製作当初の生ぶ。吹き返しは江戸期一般の見栄えの良い中型に剣酢漿草紋が付されている。本作の最大の見どころは鉢脇に脇立角本の痕跡が残っている点。黒田長政の遺例に見る如く、元来は大脇立を備えていた可能性がある。

Momonari

-

鉄錆地四枚張桃形兜

鉄地黒漆塗六枚張椎実形兜

-

 関ケ原合戦屏風には、変り兜を着用して戦場を駆け回り、功名を求めて戦働きする武士の姿が克明に描かれている。本作は、この関ケ原合戦以前に製作されたとみられる椎実形兜である。日根野綴の裾板に革覆輪を施す手法は桃山期に流行した。吹き返しは頗る小形で腕を振り上げる際の障りをなくしている。鉢と綴を留める四つの鋲の内、一つは生ぶとみられるものが残っている。時代相応に錣の漆に罅が生じているが、保存状態は良好。

shi i nomi nari kabuto

-

鉄地黒漆塗六枚張椎実形兜

Ginza
Choshuya

日本刀専門店

月曜日ー土曜日 
9:30−17:30

〒104-0061 東京都中央区銀座3−10−4

電話番号 : 03-3541-8371
FAX : 03-3541-8379
株式会社 銀座長州屋

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード