top of page

新商品のご案内 短刀 銘 帝室技芸員菅原包則 贈為赤星平馬君中山博道







短刀 銘 帝室技芸員菅原包則 贈為赤星平馬君中山博道

Tanto: Sig. Teishitsu gigei-in Sugawara KANENORI

Akahoshi Heima ku no tame ni Nakayama Hakudo okuru



明治期有数の実業家と剣豪の名が鞘に記された、興味深い一振

 宮本包則は嘉永四年横山祐包に入門して作刀を学び、独立後は因州池田家に仕えた。有栖川宮熾仁親王の知遇を得て明治天皇の御剣、伊勢神宮の宝刀、正倉院の宝剣などを手掛け、明治三十九年には帝室技芸員を拝命した月山貞一と並ぶ近代の名手







振袖茎に仕立てられたこの短刀は、鎌倉末期の備前景光を念頭に精鍛されたとみられる、古風な趣に包まれた一口。


本作で殊に興味を惹かれるのが、明治期の大実業家で三菱地所の社長等を歴任した赤星陸治氏による鞘書。鞘書によると、明治大正期有数の大剣豪で、大日本武徳會範士を務めた中山博道氏が赤星氏の長男(平馬氏)の守刀として贈ったとある。

 近代日本の名士達の人脈が窺い知れ、面白い。



中山博道(Nakayama Hakudo)

(明治5-昭和33)

武道家。流派は神伝重信流、神道無念流剣術、神道夢想流杖術。称号は剣道範士、居合術範士、杖術範士。大日本武徳会から史上初めて剣・居・杖の三道で範士号を授与された人物「昭和の剣聖」「最後の武芸者」と評される。

TOPIX







実況!日本刀査定評価の現場

    ニセモノ一発鑑別法

ある日弊社に送られてきた売却希望の刀―。

刀の柄を外した弊社社長深海の目が、刀には欠かせないあるモノにくぎ付けに・・・?!


シリーズ 日本刀査定評価の現場

 数回に亘ってお送り致します今回は二回目となります。


 

Web公開中




 

第二回解答です。


お問合せご注文は メール/電話/Fax にて承っております。


 

新刊書籍のご案内

『刀掛』 伊藤満 著 定価 30,250円(消費税込)/送料別途

月刊『銀座情報』ご愛読者、メールマガジンご登録の皆様には特別優待がございます。


新刊書籍のご案内

『日本刀五ケ伝の旅 備前伝 ~長船鍛冶の黄金期』 田野邉道宏 著 株式会社 目の眼 発行


雑誌『目の眼』にて好評連載されております田野邉道宏先生の 『五ヵ伝の旅シリーズ』。

『山城伝』『大和伝』に続き『備前伝』が出版されました。 下記の価格でお取り扱い致しております。


販売価格 4,000円

 (月刊『銀座情報』ご愛読者様ご優待価格 3,600円) 送料 370円



 


上記のメールアイコンからお問い合わせフォームを開き、 メッセージ欄に

・「【書籍名】希望」

・ご送付先住所(電話番号)

を必ずお書き添え頂けますようお願い申し上げます。



 



商品検索のページが出来ました。 (小道具) ご利用下さいませ。




商品検索のページが出来ました。

(刀)

ご利用下さいませ。








新企画

私の正体は?

鑑定刀[出題編]


第二回を出題しております。








新企画

私の正体は?

鑑定刀[解答編]


 

 


Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
bottom of page