銀座長州屋 最新入荷品 (メールマガジンご紹介商品)一覧

新商品のご案内 刀 銘 芸州住出雲大掾正光 慶應元年七月日

刀 銘 芸州住出雲大掾正光 慶応元年七月日 安芸国 慶應元年(1865年),百五十五年前 黒石目地塗鞘肥後打刀拵入 正光は享和二年に安芸国の北方に位置する高野村の刀工正長の子として生まれる。 文政十二年五月に出雲大掾を受領し、天保八年には隣村移原(うつのばら)に移住。多くの刀工が城下町に住んだ当時、正光が山奥で作刀していたのは、同地が江戸初期以来、大谷川を利用した製鉄業が盛んで、また燃料となる松炭となる森林資源に恵まれていた故であろう。広島城下を遠く離れた山中で黙々と作刀し、折々に広島藩主浅野侯に自作を献上している。 この刀は身幅広く重ね厚く、反り控えめに中鋒の伸びやかな姿。  刃文は直刃、浅く揺れ、小沸ついて刃縁明るく、物打付近はやや沸づいて二重刃ごころとなり、鼠足無数に入り、刃中は匂充満して照度高い。 茎は香包み鑢が掛けられている。 附帯する肥後甚吾の鐔が掛けられた黒石目地塗鞘肥後打刀拵は佐藤寒山博士の鞘書の通り当初からの生ぶ拵。返角に銀象嵌された蟻図は武士の無二に忠の暗示であろうか。 南北朝期の備中青江の刀を範に鍛造された、直刃出来の優品である。 無料メールマガジンのお申し込みはこちら。 TOPICS ・月刊『銀座情報』8月号     現在発売中。 ・ホームページにて 速報品を掲載いたしております。 ・銀座長州屋Finesword k3270 鐔 無銘 六ツ洲浜透唐草文象嵌図 k3273 薩摩藩与力十手 k948 茶石目地雲文塗鞘肥後脇差拵(刀身はありません)

新商品のご案内 短刀 銘 兼國作(関)

短刀 銘 兼國作(関) 美濃国 天文頃,約四百八十年前 黒石目地塗鞘小さ刀拵入 戦国時代、毛利の家臣桂民部大輔や桂孫兵衛尉が美濃関の兼長に注文したように、遠国の武将が美濃刀工に作刀を依頼した例は数多ある。 兼國もその一人で、播磨国に赴任し戦国武将赤松政秀の領国で鎚を振るっている。 この短刀は小板目に流れごころの肌を交えた地鉄に小粒の地沸が厚く付き、淡く湯走りが掛かって地肌締まる。  刃区保護の目的で焼き落としから始まる刃文は、互の目、片落ち風の刃、尖りごころの刃を交えて激しく出入りし、焼深く強く沸付いた帽子は乱れ込んで返り、互の目に丁子を交えた棟焼に連なり、所々に淡い飛焼を配して皆焼の様相を呈す。 隣国備前の与三左衛門尉祐定の両刃造を見るような凄みのある一口である。 龍図金具でまとめた、黒石目地塗の小さ刀拵が付されている。 無料メールマガジンのお申し込みはこちら。 TOPICS ・月刊『銀座情報』8月号     現在発売中。 ・ホームページにて 速報品を掲載いたしております。 ・銀座長州屋Finesword k3263 縁頭 無銘 秋草図 k3273 薩摩藩与力十手 k948 茶石目地雲文塗鞘肥後脇差拵(刀身はありません)

新商品のご案内 茶石目地雲文塗鞘肥後脇差拵(刀身はありません)

茶石目地雲文塗鞘肥後脇差拵 拵全長 一尺八寸四分八厘 / 柄長 四寸六分 刀身は入っておりません。 茶石目地に蜘蛛模様塗の肥後脇差拵。  時代があり、切羽に至るまですべて生ぶ。 茶の鞘に漆を施した緑色の革巻鞘。渋い味わいの拵にピリッと効いているのが  金色の金具たち。 菊尽図縁頭 無銘 赤銅地高彫金色絵 金小縁 韋駄天疾鬼図目貫 馬身(共小柄 蟻図猪目透 無銘) 栗形は鞘口から指三本程のところにあり、素早い抜刀が可能。 洒脱でありながら、実戦面もきっちり考えられた仕様。 つなぎ刃長 約一尺八寸四分八厘(39.3㎝) 反り 約五分(0.9cm) 元幅 約九分(0.75㎝) 重ね 約二分(0.78㎝) つなぎの形状から元来は慶長元和頃の冠落造の脇差が収められていたものとみられる。 元幅広く中程から先の鎬地が大胆に削ぎ落され、迫力と刃味の良さを窺わせる。 茎は短く、掌に吸い付くように収まり、茎尻の形状は越後守國寿(としはにんべんにことぶき)、或いはその門下の和泉守國貞に似ている。 無料メールマガジンのお申し込みはこちら。 TOPICS ・月刊『銀座情報』8月号     7/16発送。 ・ホームページにて 速報品を掲載いたしております。 ・銀座長州屋Finesword k3273 薩摩藩与力十手

月刊『銀座情報』8月号 UPDATE

月刊 『銀座情報』 8月号 UP DATE ・ 月刊『銀座情報』8月号を7/16(木)発送しました。 ・銀座情報最新号の内容は7月16日(木)にホームページに掲載しました。 ・今回メールマガジン会員様用の特別ページは暗証番号なしでご覧いただけるように致しましたのでお気軽にご覧ください。 ・無料メルマガ、年間購読のお申込みは下記をクリックしてください。 ・年間購読のお申込みはこちら ・メールマガジンのお申込みはこちら

新商品のご案内 刀 銘 (枝菊紋) 近江守源久道

刀 銘 (枝菊紋) 近江守源久道 山城国 天和頃,約三百三十七年前 近江守久道(おうみのかみひさみち)初代は寛永四年近江国野洲郡野村の生まれ。 和泉守来金道門で修業し、寛文二年に近江守を受領、京都西洞院夷川に居住して朝廷の御用を勤めた。 この刀は二尺五寸近い長寸で、身幅極めて広く重ね厚く、反り高く付いて中鋒の威風堂々の体配。 地鉄は板目に杢、刃寄りに柾を配して肌目起つ。  鎬地に柾目肌が強く流れ、地景が太く力強く入り、粒立った地沸が厚く付き、処々に地斑を交えて活力に満ちた肌合い。 長い京焼出しから始まる刃文は浅い湾れに互の目、丸みのある刃を配す。 刃境に湯走り、細かな金線、砂流しが盛んに掛かり、足長く射す。 帽子は焼を充分に残し、僅かに弛んで掃き掛けて小丸に返る典型的な三品帽子。 茎には三品家の看板ともいうべき枝菊紋が誇らしげに刻されている。 典型的でしかも出来優れ、日本鍛冶宗匠の三品家の一翼を担った近江守久道の心技充実期に手掛けられた貫禄の一刀。 無料メールマガジンのお申し込みはこちら。 TOPICS ・月刊『銀座情報』7月号     現在発売中。 ・ホームページにて 速報品を掲載いたしております。 ・銀座長州屋Finesword k3273 薩摩藩与力十手

新商品のご案内 短刀 銘 石山吉文造 弘化四二月吉日

短刀 銘 石山吉文造 弘化四二月吉日 近江国 弘化四年(1847),二十七歳作 堀井胤吉同人 茶石目地塗鞘小さ刀拵入 石山吉文は文政四年近江の生まれ。弘化二年に大坂の月山貞吉門で修業して吉文と銘を切り、文石山吉 嘉永四年には江戸の大慶直胤に就いて更に技術を錬磨、安政二年に胤吉と改銘している。 この短刀は、遺作の尠ない吉文銘時代の作。重ね厚くわずかに反りが付いて南北朝時代の応安頃に盛行した寸延び短刀を想わせる姿。 地鉄は板目に杢、流れごころの肌を交え、地景が太く入って肌目が明瞭に起ち現われ、刃寄り僅かに綾杉かかる辺りに月山貞吉伝が見て取れる。 刃文は互の目に丁子乱、片落ち風の刃を交え、刃縁が小沸で明るく、金線、砂流し盛んに掛かり、焼の谷から足が長く入り、刃中は匂で澄む。 茎は錆浅く銘字が太鑚で堂々と刻されている。特別の需に応えて、備前兼光を念頭に精鍛された作とみられ、溌溂たる仕上がりとなっている。 皺革風に仕立てた茶石目地塗鞘の小さ刀拵は刀身と同時期の製作で、生ぶの切羽、栗形鵐目も時代のまま。 無料メールマガジンのお申し込みはこちら。 TOPICS ・月刊『銀座情報』7月号     本日入荷。 ・ホームページにて 速報品を掲載いたしております。

新商品のご案内 薩摩藩与力十手 無銘

薩摩藩与力十手 江戸時代 全長 一尺二寸九分六厘(39㎝) 清目(鉄棒部分)に渋く輝くのは薩摩の丸に十字紋。 逆手に握って腕の外側に付けると肘に届く掟通りの長さに造り込まれている。 手の内(握り部分)には研ぎ出しの鮫皮着、鉤には銀で紗綾形文が象嵌されていている。 無料メールマガジンのお申し込みはこちら。 TOPICS ・月刊『銀座情報』7月号     本日入荷。 ・ホームページにて 速報品を掲載いたしております。

新商品のご案内 短刀 銘 國次(宇多)

短刀 銘 國次(宇多) 越中国 室町時代前期 正長頃(十五世紀前半) 約五百九十年前 黒漆塗牡丹唐草蒔絵鞘合口拵入 宇多派は、鎌倉末期から南北朝期にかけて、大和国宇陀郡から古入道國光が越中に来住し、國房、國宗らの優工を輩出して大いに栄えた一派。 この短刀は、宇多國房の子で室町前期の正長頃に活躍した國次の作。棟が真の形に造られ、身幅の割に寸法が延びてわずかに内反りが付き、表裏に素剣と梵字の彫が冴え、さながら鎌倉後期の長舩景光を想わせる上品な短刀姿。 太鑚の銘字は国構えの中の「或」が省略されずに画数多く刻され、丸みのある鑚遣いの「次」の字共々、同銘後代の工に比して銘振りは極めて入念。高位の武将の需打ちであろう。 附帯している深い色合いの黒漆鞘に牡丹唐草の金蒔絵が映えた豪華な短刀拵は、鞘が入れ子式になっている。 無料メールマガジンのお申し込みはこちら。 TOPICS ・月刊『銀座情報』7月号     本日入荷。 ・ホームページにて 速報品を掲載いたしております。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebook Basic Square