top of page

新商品のご案内 刀 銘 兼弘作 平成五年九月日




伊佐治兼弘 岐阜県関市


刃長 二尺三寸一分七厘(70.2cm )

白檀塗鞘打刀拵入

拵全長 三尺三寸(100㎝) 柄長 八寸(24cm)


総重量 950g




 

 江戸時代に用いられた登城用大小の大刀を手本としたもので、二尺三寸の寸法に刃先を鋭く仕立てた造り込み。

バランスが良く、手持ちが軽く感じられる扱い易い打刀。


 兼弘刀匠は高羽誠刀匠に学んで備前伝を能くし、殊に居合刀の分野で評価された一人。




topix





Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
bottom of page