銀座長州屋 最新入荷品 (メールマガジンご紹介商品)一覧

新商品 短刀 銘 備州長船清光 享禄ニニ(四)年二月日

短刀 銘 備州長船清光 享禄ニニ(四)年二月日 石目地白檀塗鞘小さ刀拵入 四百八十八年の星霜を超えて伝世した長船清光の鎧通し。 抜身での使用を意図して茎が太く造られている、戦国の厳しさを今に伝える迫力の一口。 外装は刀身より長い見せ鞘様式。 鞘の奥行きが短刀と完全に一致しているオリジナルの拵である。 無料メールマガジンのお申し込みはこちら

お拵にも…。笄まとめてご紹介します。

笄を数点まとめてサイトにご紹介しております。 お拵製作を考えている方にもお勧めです。 jkg3108 時代笄 無銘(古金工) 剣巻龍図  赤銅魚子地高彫金うっとり色絵金蕨手 室町時代 jkg3130 時代笄 無銘 古金工 蔦図 赤銅魚子地高彫金露象嵌金蕨手 室町時代中期 保存刀装具鑑定書(古金工) v572 時代笄 無銘(古金工) 大黒天図 山銅魚子地高彫金色絵 k3115 笄 紋宗乗光侶[花押]と銘有 丸に花菱紋五双図  赤銅魚子地高彫金色絵  ※銘は不可 k3118 笄 無銘 唐草文図  赤銅石目地金色絵 v578 竹箸形割笄 無銘 赤銅磨地金色絵 無料メールマガジンのご購読はこちら

新商品 刀 銘 肥前國住人藤原忠吉(土佐守)

刀 銘 肥前国住人藤原忠吉(土佐守) 黒蝋色塗鞘打刀拵入 九州古作を想わせる黒味の強い地鉄に、浮き立つような純白の互の目乱刃を焼き、刃境には繊細な砂流しが光強く入る。 常に見られる肥前刀とは一線を画する荒々しさが魅力。  差裏には鎬地にかかる湯走りや、棟焼も看取され、 古刀に紛れる変化に富んだ作風となる。 黒蝋色塗鞘の拵には、鳳凰、龍、獅子の霊獣図でまとめられている。 無料メールマガジンのご購読はこちら

新商品 刀 無銘 剣竜子貞晴

刀 無銘 剣竜子貞晴 二寸程区が送られ現状の長さ(二尺一寸六分四厘)になったことより素早い抜き打ちも可能となっております。手持ちはずっしりと重く威力充分です。 四つ一組程で連なる刃文から大阪月山一門の剣竜子貞晴と極めております。 (正真保証) 無料メールマガジンのご購読はこちら

桂正長の縁頭が入りました

遊洛斎赤文の実兄です。しっとりとして雰囲気のいい作品です。・・・Read more 無料メールマガジンのご購読はこちら

奇妙な形状をした道具の正体は?

不思議な形状をした道具類には華麗な文様が蒔絵や切金で繊細に表現されています。・・・Read more 無料メールマガジンのご購読はこちら

新商品 短刀 無銘 宇多

短刀 無銘 宇多 左文字の代名詞ともいえる「捌帽子」(さばきぼうし)を巧みに再現した宇多極めの良短刀です。 棟は三ツ棟に造り込まれ、古作への明らかな意識性が感じられます。 現在日刀保さんで開催されている「筑前左文字の名刀展」、皆さまもうご覧になられましたか? 無料メールマガジンのご購読はこちら

新商品 刀 銘 備州長舩師景作 宝徳二年八月日

刀 銘 備州長舩師景作 宝徳二年八月日 鎌倉後期の太刀を彷彿とさせる踏ん張りのきいた雄大な刀姿をしております。 時代で言うと室町幕府第八代将軍足利義政が将軍職に就いて間もない頃です。 無料メールマガジンのご購読はこちら

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebook Basic Square