玩具図縁頭 銘 寛親(花押)

​縁頭

 金箔地に描いた絵画のような色鮮やかな作。玩具という題材を活かすため、ふっくらとした高彫に多彩な色金を組み合わせるなど工夫を凝らし、意匠構成を突き詰めている。朧銀地を高彫にして金、赤銅、銀、素銅の色絵を施し、厳つい顔を素銅で表わした獅子の被り布には平象嵌を加えて美観を高めている。特筆すべきは要所に施した七宝象嵌が一際鮮やかな点。これらの周りを斑な金色絵で包み込み、題材を浮かび上がらせている。
玩具図縁頭 銘 寛親(花押)