top of page

日本刀の販売 買取のご相談は日本刀専門店銀座⻑州屋

1000_1000.fw.png

獅子図縁頭 銘 百寿軒芳宣花押

Yoshinobu

"Shishi" (Lion)

江戸時代中期
武蔵国江戸神田永富町住
赤銅魚子地高彫色絵
頭:34.1mm 縁:38.7mm
縁の腰高:14.5mm
特製桐箱入
保存刀装具鑑定書

Mid Edo period
Kanda, Edo city, Musashi province
Shakudo
Kashira : 34.1mm
Fuchi : 38.7mm
Height of fuchi : 14.5mm
Kiri box
Hozon

保存

120,000

円(税込)

縁頭

763

 薩摩拵というと質実剛健なイメージが先行するが、時代や所持者によって、材質、作風は大きく変わる。後藤家に学んだ知識派や、江戸後期薩摩藩のお抱えとなった石黒政美、斎藤富随の作に見られるように、色金を多用した華やかな金工作品ももちろん薩摩の一面である。芳宣は江戸時代中期に活躍した生国薩摩の金工。師伝は定かではないが、江戸神田に住し、中国古典に取材した鐔を遺している。本作は当時隆盛を誇った横谷系の獅子図。振り返るような仕草の頭の獅子と、早瀬の傍の洞から上を仰ぎ見る獅子は拵に装着すれば視線を見交わす構成となる。絢爛豪華な時代の空気を纏いながらもやや腰高な縁の様子は薩摩武士の注文品ではなかろうか。
獅子図縁頭 銘 百寿軒芳宣花押
bottom of page