2

​縁頭

源氏物語葵の上図縁頭 銘 仙台住清定

江戸時代中期 陸奥国仙台肴町 赤銅石目地金銭平象嵌金小縁 縁37.2mm 頭33mm 特製落込桐箱入
 赤銅地を均質な石目地に仕上げ、金線で縁取りした中に金平象嵌で繊細な線描を施すを得意とした、仙台金工草刈清定の典型作。『源氏物語』葵の場面に取材したものであろう、品の良い御簾に葵の葉を添えて文様表現している。清定は江戸の大森家に修業し、帰郷後は伊達家の御用を勤めた。

特別保存

350,000

​円(消費税込)
源氏物語葵の上図縁頭 銘 仙台住清定