top of page
1000_1000.fw.png

大業物

「業物位列」は、須藤五太夫睦済(すどうごだゆうむつずみ)と山田朝右衛門吉睦(よしむつ)が行った試し斬りを拠り所に、柘植方理平助が刀の斬れ味の良否を位付けした切れ味の評定位列。
評定として「最上大業物:さいじょうおおわざもの」「大業物:おおわざもの」「良業物:よきわざもの」「業物:わざもの」の四つの位列がある。

​【大業物】

大業物

銘 兼元(大業物)

 兼元は戦国期美濃の名流。最上大業物に位列されている孫六兼元を筆頭に、抜群の切れ味と優れた操作性を誇った戦国期最大のブランド。
 本作は孫六に最も近しい門人の作であろう、鷹ノ羽鑢に仕立てられた茎に堂々と刻された銘字は孫六然としている。

Read More

大業物

銘 加陽金府住炭宮兼則

 加賀友禅や漆器など芸術・文化が花開いた加賀国は、一方で武士たちの刀の切れ味への要求は強かった。切断銘入の作も少なくなく、美濃国から加賀へ移住した兼則も刃味優れた作を手掛け、大業物に列せられている。

Read More

大業物

銘 備州長船勝光 明応十年八月日 (大業物)

 備前長船における勝光同銘は、室町時代初期の応永より末期の天正までみられるが、最も作品が多く、また広く知られているのが右京亮勝光と次郎左衛門尉勝光の親子であろう。殊に、文明頃から明応にかけて活躍した右京亮勝光は、赤松政則の被官として文明十五年四十九歳の時に吉井川を挟んで山名勢と戦い、その後も遥か京、近江まで転戦。本作は歴戦の中で用と美の真髄を咀嚼した勝光のみが成した別天の境域と言える。

Read More

大業物

銘 備州長船勝光 文明十八年二月日(大業物)

 右京亮勝光は弟左京進宗光と共に、戦国武将赤松政則に仕えた名工。
この刀は、草壁打(重美に指定されている文明十八年十二月十三日紀の宗光との合作の草壁打の刀)と同じ文明十八年紀の一口。元来の茎の重ねが極厚であることから、太刀に差し副え、素早く抜き放って用いられたものであろう、茎が短く片手での操作に適していることが注目される。

Read More

大業物

銘 日州古屋之住国広作 天正六年八月彼岸

 和泉守国貞や河内守国助等の師で、新刀の祖と謳われる堀川国広は、戦国武将伊東氏の領国日向国阿屋郷古屋に鞴を構えていた修験鍛冶の家の生まれ。天正五年に主家伊東氏が薩摩島津氏に敗れて国を追われた際、国広は主義祐に従い、宗麟の豊後臼杵城へ避難している。その後主家を辞し、山陽道、京、美濃岐阜を経、下野国足利に暫く滞在している。天正十九年に上京してやがて一条堀川に鍛冶場を構えた。

Read More

大業物

銘 国広

 国広は生国日向にて飫肥伊東家の家臣。天正五年の伊東家没落後は諸国を遍歴して鍛刀の技を磨き、時には山伏生活を余儀なくされたことが天正十二年二月紀の太刀によって知られ、その足跡は天正十八年の野州足利、さらに相州小田原、濃州岐阜、そして再び石田三成に従っての日向検地等、慶長四年の京都定住までは確たる住処を持たない流浪の鍛冶であった。

Read More

大業物

銘 和泉守藤原国貞 切付銘 二ツ胴落(大業物)

子の真改国貞に対して親国貞と呼び慣わされる初代国貞は、伝を頼って同郷の刀工堀川国広の門を叩くべく京に上り、同門の高足越後守国儔に師事した。慶長十九年の国広没後ほどなくして独立。元和七年以前には大坂に移り、同九年九月十五日、三十四歳で和泉守を受領。

Read More

大業物

銘 和泉守藤原国貞(大業物)

 和泉守国貞は天正十八年に日向国飫肥に生まれた。上京して同郷の堀川国広門を叩き、名手越後守国儔の指導で技を修め、師の没後は兄弟弟子として切磋琢磨した国助初代と共に、幕府によって整備されつつあった新都大坂へ進出。飫肥藩主伊東侯に仕え、元和九年に和泉守を受領している。大坂新刀隆盛の礎を築いた一人である。

Read More

大業物

銘 和泉守藤原国貞(大業物)

 和泉守国貞は天正十八年日向国飫肥の生まれ。京に鍛冶場を構えていた同郷の先達堀川国広に入門し、一門の名手越後守国儔の指導で鍛刀技術を会得。国広の没後は大坂へ出て元和九年に和泉守を受領している。この脇差は寛永初期、国貞四十代の作。師国儔譲りの冠落造で、腰元の棒樋と添樋、護摩箸が映えた好姿。

Read More

大業物

銘 国安(大業物)

 国安は堀川国広の末弟で、志津を想わせる大鋒の刀(重要文化財)、梵字彫のある片切刃造の刀等重美三振等の名品を遺しているように国広に匹敵する実力者であったが、なぜか受領せず遺作も少ない。専ら国広の作刀に協力していた為と推考される。

Read More

大業物

銘 (一葉葵紋)主水正正清 享保九年二月(大業物)

 主水正正清(もんどのかみまさきよ)の名を天下に轟かせたのは享保六年江戸御浜御殿での将軍御前打。将軍吉宗が、諸大名に領内の刀工の作を提出させて審査した結果傑作刀に選ばれ、江戸に上って吉宗の御前で精鍛したのである。その功績によって将軍より一葉葵紋を拝領し主水正を任官。更に享保九年には吉宗の命で刀を精鍛し、幕府に献上している。

Read More

大業物

備州長船盛光 応永二十七年八月日

 「盛光」「備州長船盛光」「修理亮盛光」応永備前の代表工。倫光の子である師光の子またはその弟子と伝わる。明徳五年(A.D.1394)に小反風の太刀があるが、応永年間(A.D.1394-A.D.1428)に入ると、小反風は消え洗練味のある作風に転じる。応永杢と呼ばれる杢目交じりの板目肌に防映りが立つ。棒樋は丸止めとなるものが多い。

Read More
大業物
親国
永正祐定
近江大掾忠広
高天神
盛光
bottom of page