top of page

日本刀の販売 買取のご相談は日本刀専門店銀座⻑州屋

  • Facebook Social Icon
  • 日本刀専門店 銀座長州屋
  • Instagramの社会のアイコン
  • YouTubeの

Etsujo

獅子図二所(小柄・笄) 銘 後藤悦乗花押

1000_1000.fw.png

"Shishi"



江戸前期 山城国京都 - 加賀国金沢 - 武蔵国江戸下谷
赤銅魚子地金紋
小柄 長さ:95.8mm 幅:13.8mm
笄  長さ:21.5mm 幅:12mm
特製落込桐箱入
保存刀装具鑑定書
First Edo
Yamashiro province Kyoto - Kaga province Kanazawa
- Musashiprovince Edo Shimoya

Shakudo
Kozuka length: 95.8mm Width: 13.8mm
Kougai lemgth : 21.5mm Width : 12mm
Kiri box
Hozon

保存

円(税込)

-

二所

830

 金一疋獅子据紋の彫が見事なのは言うまでもないことだが、仕立が実に洒落ているのである。耳かきと蕨手の周囲のみに金色絵を施した笄、初めから袖小柄の造り込みとした小柄、いずれも赤銅地と金のバランスが絶妙。阿吽の吉相を表す金一疋獅子は、拵に装着した時、互いに目線をかわすように配置され、紋高く引き締まった造形で、大きすぎず、小さすぎず、全体と調和して、後藤家の品格、洗練を表している。悦乗は、後藤宗家九代程乗の次男で、加賀前田家から百五十石を支給され、演乗と隔年で金沢へ赴き、加州金工の発展に尽力した。後年は江戸下谷に屋敷を賜り、徳川幕府の用達も行った。悦乗の正真作は世に稀なものである。
tokuyuki1 (1).jpg
bottom of page