top of page

日本刀の販売 買取のご相談は日本刀専門店銀座⻑州屋

瓢鯰図目貫 無銘 加賀後藤

Kaga-Goto

1000_1000.fw.png

"Hyotan Namazu" (A bottle gourd and a catfish, the title of Zen painting)

江戸中期 
加賀国
赤銅地容彫色絵
表四一・六㍉
裏四一㍉
上製落込桐箱入
保存刀装具鑑定書(加賀後藤)

Mid Edo period
Kaga province
Syakudo
Omote menuki : 41.6mm Ura menuki : 41mm
Kiri box
"Hozon" by NBTHK

保存

-

円(税込)

目貫

903

 禅に通じる画題として最も有名なのがこの瓢箪鯰。足利将軍の命で如拙が描いた水墨画が基礎になっており、多くの武人がこの問いに応じている。金工では、加賀後藤と呼ばれる加賀前田家に出仕していた後藤程乗などが同図を遺している。問いは、もちろん瓢箪で鯰を捕える方法が目的ではない。このような思索が武人にとって必要であることを暗示しているのである。鯰を大きく心象的に意匠し、赤銅地を打ち出し強く容彫とし、金銀の色絵と細やかな平象嵌を施している。
bottom of page