top of page

日本刀の販売 買取のご相談は日本刀専門店銀座⻑州屋

野鯉図笄 銘 後藤光美花押

”Nogoi”(Carp)

1000_1000.fw.png
  • Facebook Social Icon
  • 日本刀専門店 銀座長州屋
  • Instagramの社会のアイコン
  • YouTubeの

Mitsuyoshi

江戸時代後期
武蔵国江戸
赤銅魚子地高彫色絵裏板金哺
長さ:213mm 幅:12.3mm
上製落込桐箱入
保存刀装具鑑定書
Late Edo period
Edo city, Musashi province
Shakudo
Length : 213mm Width : 12.3mm
Kiri box
Hozon

保存

-

円(税込)

812

 後藤宗家十五代光美は先代光守の嫡子で安永九年の生まれ。文化元年に家督を相続、天保六年に隠居するまでの三十一年間に亘って幕府の御用を勤めた武家金工。後藤家の伝統を守ると同時に、雅な風物や自然に取材した作品にも挑んでいる。魚など水辺の生き物に目を向けたのもその一つ。赤銅魚子地を高彫とし、水面の動きはわずかに筋立てた銀の線描写で、ゆったりと泳ぐその様子を高肉に彫り出し、繊細な毛彫と金色絵を加えている。厚手の金哺も色が鮮やか。
tokuyuki1.jpg
bottom of page