竹雀図笄 銘 鶴府白坤之居中川一的

小柄
​笄

 後藤一乗の高弟一的は美作の出で、中川家の十一代目。兄に一匠と勝義がおり、自らは津山松平家に仕えた。朧銀地を細かな石目地に仕上げ、金の平象嵌と繊細な片切彫で雀を描いている。竹林は強弱変化のある得意とした片切彫。裏は松若で、いずれも冬に青々とした葉を茂らせる植物。添銘された「鶴府」は、鶴田藩(幕末から明治にかけての美作国の藩)のことであろう。
tokuyuki1.jpg