top of page

日本刀の販売 買取のご相談は日本刀専門店銀座⻑州屋

竹林の七賢人図小柄 銘 菊池正長作

Chikurin no shichikenjin Mei (signatured) Kikuchi Masanaga saku

1000_1000.fw.png
  • Facebook Social Icon
  • 日本刀専門店 銀座長州屋
  • Instagramの社会のアイコン
  • YouTubeの

Masanaga

江戸時代後期 武蔵国江戸
四分一地薄肉彫色絵
長さ:97.8mm 幅:14.8mm
上製落込桐箱入
Late Edo period
Musashi province, Edo
Shjibuichi
length: 97.8mm
width: 14.8mm
Kiri box

保存

-

円(税込)

小柄

882

 不用意な発言は命取り。密告、讒言が横行した息詰まる時代の紀元三世紀中国、竹林に集まって酒を飲み、清談(哲学的な話)を交わした人々がいたという。広げた巻物を中心に額を寄せ合い語らう七人。どの顔も穏やかで、笑みを浮かべ楽しそうである。輪郭線を強く太く彫り、そこからなだらかに柔らかく肉付けされた人物は、瞳もくっきりと彫られ、視線を追うことができる。髪や髭は繊細な毛彫、身に着けた装束の描写も実に詳細で、正面からはよく見えない側面にまで手を抜かず丁寧に彫刻している。意識してのことかはわからないが、七賢人を取り囲む竹が結界のようにも見える。撓(しな)ってもなかなか折れず、冬にも青々とした葉を茂らせ清らかに立つ竹は君子の象徴。菊池正長は、菊岡光政を師とした三谷政克の門人である菊池政長と銘する工と同人であろう。
tokuyuki1.jpg
bottom of page