秋草図小柄 無銘 古美濃

小柄
​笄

 桔梗を中央に、丁子と女郎花を唐草風に意匠した、古典的雅な作。漆黒の赤銅魚子地に、秋草などの文様をくっきりと肉高く彫り出す表現手法が古美濃の特徴。魚子地が長い年月の手擦れで減ってなだらかになっているこの風合いも、時代物の実用具のみが示す美観。寸法が常の作とは異なってやや大振り。 
保存刀装具鑑定書(古美濃)
tokuyuki1.jpg