top of page

日本刀の販売 買取のご相談は日本刀専門店銀座⻑州屋

月下漁師図小柄  銘 一柳友喜(花押)

"Fisherman under the moon"

1000_1000.fw.png
  • Facebook Social Icon
  • 日本刀専門店 銀座長州屋
  • Instagramの社会のアイコン
  • YouTubeの

Tomoyoshi

江戸後期 常陸国水戸
朧銀地高彫色絵
長さ九九㍉
幅一五・二㍉
特製落込桐箱入
保存刀装具鑑定書
Sig. Ichiryu Tomoyoshi [Kao]
Author : Ichiryu Tomoyoshi
Late Edo period, Mito of Hitachi province
Oboro-gin
Length : 99mm, Width : 15.2mm
Kiri box
"Hozon" by NBTHK

保存

-

円(税込)

小柄

1045

 葦の茂る湖水を帰舟の漁師。水辺に生きる人々に視線を向けた、世相とその時代背景まで映し出している作。友喜(ともよし)は、水戸を代表する一柳友善近縁の工、あるいはいずれか友善の前銘であろうか、興味深い銘である。質の良い朧銀地を微細な石目地に仕上げ、肉高い鋤出彫で舟縁に立って竿を操る漁師の姿を捉え、夕月とその光に浮かび上がる雲を金銀の平象嵌で描いている。図は際端を経て裏面にまで連続しており、鋤彫に薄肉彫を施して時鳥を添え描いている。湖面は次第に天地の境も判らなくなり、静かに暮れてゆく。
tokuyuki1.jpg
bottom of page