帰雁図鐔 銘 玉心斎正蔭作

小柄
​笄

 正蔭は清麿の高弟鈴木正雄、後に水心子正次にも学んだ幕末の刀工。同時代の刀工では信家鐔を写したものが多く、本作のような金工のみが備える精巧で精密な高彫象嵌を駆使した絵画風の作品を遺している刀工は極めて少ない。
tokuyuki1.jpg