嵐山図小柄 銘 細野惣左衛門政守(花押)

小柄
​笄

 桃山時代に盛んに製作された洛中洛外図屏風のように、京の街並みなどを俯瞰する構図は、特に小柄を横にした作で風景の広がりが実感できる。この空間描写を巧みにしたのが細野政守。朧銀地に金銀素銅の平象嵌を施し、さらに毛彫の手法を用いることにより細絵筆を以て描いたように木々や佇む人々を巧みに表現した。
tokuyuki1.jpg