岩鶴図小柄 銘 後藤光侶(花押)

小柄
​笄

 後藤宗家十代廉乗光侶の貴重な自身銘が刻された作。光侶は八代即乗の子で寛永五年の生まれ。承応元年に家督を相続し、寛文二年に江戸定住を命ぜられ、以降江戸に活動の拠点を置いている。この小柄は、後藤家の伝統的舞鶴図を彫り描き、岩を添えて新趣を求めた作。赤銅魚子地を背景に正確な構成で高彫し、金銀の色絵を加えて清浄な空気の満ちた大空を表現している。鶴と岩の組み合わせは珍しい。後藤の伝統的画題に岩恵比寿図がある。本作を恵比寿留守模様とすると鶴は寿老人を暗示。この図柄には深い意味が隠されているのかもしれない。
tokuyuki1.jpg