白猪逆毛包空穂

その他

 弓は、鉄砲伝来以前は最強の武器であった。古くから「弓馬の士」の語があるように、弓と乗馬は高位の武士にとって欠くことのできない武芸。その意識は江戸時代まで失われることなく、京三十三間堂の通し矢でも知られるように、剣の道と同様に武術として極まりをみせた。また、大名道具には矢を収めて飾る、あるいは運ぶための弓台、籠半弓、箙などがあり、空穂もその一つ。特に狂言の『靭(うつぼ)猿(ざる)』(注)でも知られているように、戦国時代の高位の武将は、猿や猪の革で包んだ仕立ての良い空穂に心が動かされたようだ。
 この空穂は、厚手の皺革で仕立て、筒全体を流れるような白猪の毛皮で包み込み、竈は黒漆塗で籐の縁取り、間塞は表裏とも黒漆に金粉塗、表に三葉葵紋の高蒔絵で貫禄がある。金具は山銅地で腰帯は皺革黒漆塗。間塞の留緒も山銅の環が残されている。三本籐の筏、鏃を差し込む筬も健全。

Ginza
Choshuya

日本刀専門店

月曜日ー土曜日 
9:30−17:30

〒104-0061 東京都中央区銀座3−10−4

電話番号 : 03-3541-8371
FAX : 03-3541-8379
株式会社 銀座長州屋

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード