飛燕図鐔 銘 天台山麓園部芳英(花押)

 精巧緻密な高彫表現を得意とした園部芳(よし)英(ひで)。春の暖かい風を切り裂いて飛翔する燕を描き、どこまでも青く清らかに澄んだ空気を表現した鐔。涼やかに流れる小川と、そのほとりに咲く蒲公英、土筆、遠く広がって天に溶け込む大地も、総てが空気のありようを演出している。主題の背後にあって重要な存在は、細やかに揃った赤銅の魚子地に他ならない。陽の光を大地に届けてくれるのが空気。円周状に打ち施した魚子地も燕や草原に生命感を与えている。赤銅の黒、銀の白、目玉の金、頬の素銅とわずかの色金ながら、写実的高彫描写された燕は細部まで精密。小川の流れは高彫で、切羽台のみ銀の平象嵌。
注…天台山とは寒山拾得で知られる国清寺のある霊山。我が国では比叡山のことで、江戸では寛永寺を意味している。

Ginza
Choshuya

日本刀専門店

月曜日ー土曜日 
9:30−17:30

〒104-0061 東京都中央区銀座3−10−4

電話番号 : 03-3541-8371
FAX : 03-3541-8379
株式会社 銀座長州屋

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード