雪華文図鐔 銘 後藤法橋一乗(花押)

 降り積もった雪が朝日を受けてキラキラと輝く。雪の結晶の観察には拡大鏡など必要としないが、気温の上昇と共に溶け、子細に見ようと顔を近付けただけも体温で溶けてしまう。そんな儚い存在であるが故に、しかも自然が造り出した繊細な美を秘めているため、江戸時代にはこの文様が大いに流行している。これはまた、八郎兵衛家六代目の後藤一乗の得意とした意匠であった。極上の赤銅地を浅い切り込みのゆったりとした障泥木瓜形に造り込み、地荒らし風に積もった雪を表現、この上に降り掛かっているかのように雪の結晶を丁寧に彫り描いている。裏面は雪華を下に布置している。 
特別保存刀装具鑑定書 

Ginza
Choshuya

日本刀専門店

月曜日ー土曜日 
9:30−17:30

〒104-0061 東京都中央区銀座3−10−4

電話番号 : 03-3541-8371
FAX : 03-3541-8379
株式会社 銀座長州屋

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード