top of page

日本刀の販売 買取のご相談は日本刀専門店銀座⻑州屋

雨龍文図鐔 無銘 西垣

Ama-ryu (Dragon)

1000_1000.fw.png

Nishigaki

雨龍文図鐔 無銘 西垣
肥後国 江戸前期
素銅石目地糸巻木瓜形
金象嵌赤銅覆輪
縦七九・八㍉ 
横七八㍉ 
切羽台四・二㍉
特製落込桐箱入
特別保存刀装具鑑定書(西垣)

Higo province
Early Edo period
Made of copper
Height : 79.8mm
Width : 78mm
Thickness at seppa dai : 4.2mm
Kiri box
"Tokubetsu hozon" by NBTHK (Nishigaki))

-

円(税込)

特別保存

980

 肥後金工の創造性の背景には、千利休に学んだ細川三斎の茶の美意識があったといわれている。平田彦三の轆轤鑢や西垣勘四郎の腐らかしなどがそれに通じているとみられ、素朴な地肌を指先で感じられることこそ最大の魅力。この鐔も腐らかしによって地面に微細な凹凸と抑揚を生じさせたもので、時を重ねて黒味を帯びた素銅地の肌合いと色合いも備前焼を思わせる。素銅地に浮かび上がる雨龍は金の象嵌。耳に赤銅覆輪を廻らせている。
bottom of page