近江八景透図鐔 無銘 赤坂

Akasaka

 江戸時代中期の赤坂五代目忠時の特徴が現れた、洒落た透しが魅力の鐔。伝統的図柄でもある近江八景を印象的な陰影に表現している。透しの切り口に抑揚変化があり、事物や風景を題に得て江戸の文化でもある粋に通じる文様表現を極めている。素材も鉄色黒く石目地によって渋い光沢がある。

保存

-

円(税込)

近江八景透図鐔 無銘 赤坂
近江八景透図鐔 無銘 赤坂