蛇籠図鐔 銘 法安久次

江戸後期 late Edo period 安芸国広島 Hiroshima city, Aki province
鉄地真丸形薄肉彫地透 made of iron
縦75.2mm at Length 横75.2mm at Width 切羽台3.7mm at Thickness
特製落込桐箱入 Kiri Box
特別保存刀装具鑑定書 "Tokubetsu-hozon"

Hisatsugu

 良く鍛えられた鉄地の表面を、酸などで腐食させることによって文様を浮かび上がらせる焼手腐らかしの手法を得意とした、法安久次の作。久次は初代法安の弟子で、浅野家抱工となり兜や鐔などを製作して幕末まで累代が栄えている。水の流れを穏やかにする蛇籠を描いたこの鐔は、簡潔な陰影で風景の文様化がなされ、線描のような印象深い薄肉彫を加えて個性を追求している。 

特別保存

-

円(税込)

蛇籠図鐔 銘 法安久次
蛇籠図鐔 銘 法安久次