top of page

日本刀の販売 買取のご相談は日本刀専門店銀座⻑州屋

葡萄図鐔 無銘 古金工

"Budo" (Grape)

1000_1000.fw.png

Ko-kinko

葡萄図鐔 無銘 古金工
桃山時代
山銅地木瓜形 毛彫平象嵌色絵
縦八五・五㍉  横七八・八㍉ 
切羽台三・三㍉
特製落込桐箱入

Momoyama period
Yamagane
Length : 85.5mm Width : 78.8mm
Thickness at seppa : 3.3mm
Special kiri box
Tokubetsu Hozon

-

円(税込)

特別保存

588

 桃山時代の埋忠明壽は、布目象嵌や平象嵌を駆使し、艶やかな題材に墨絵風の技法を用い、琳派にも通じる美観の鐔を手掛けている。このたわわに実る葡萄に題を得た鐔は、名もなき古金工の手になるものだが、黒味の強い山銅地に色金を活かした毛彫金色絵で、埋忠派にも通じる素銅と銀の平象嵌を加味した洒落た作。明壽以前に既に、このような繊細な技術を持つ職人が存在したことは興味深い。
bottom of page