葡萄に栗鼠図鐔 無銘 古金工

室町時代
赤銅魚子地木瓜形高彫色絵点象嵌
縦82.6mm 横78.3mm 切羽台厚6.2mm
特製落込桐箱入

Ko-kinko

 時代の上がる鐔の技法を知ることができる資料的価値の高い作。葡萄に栗鼠は「武道に立す」に通じることから武家に好まれた図。作風は古金工の特徴でもある目貫のように裏からの打ち出しにより主題を肉高くふっくらと表す技法で、厚手の金銀の板を被せて固着するうっとりに似た色絵。表面には精密な鏨を加え、処々に古美濃の金工が用いた金銀の露象嵌を加えている。興味深いのは、精巧に打ち出した地板を鐔の表裏に嵌め込んで三枚仕立てとしている点。 

保存

330,000

円(税込)

葡萄に栗鼠図鐔 無銘 古金工
葡萄に栗鼠図鐔 無銘 古金工