菊葉透図鐔 銘 紀州住貞命

Sadanaga

 法安の流れを汲み、江戸期を通して数代に亘って栄え、紀伊国を代表する工として遍く知られる貞命の極上作。質の良い鉄地の大振りな造り込み。鉄色黒く渋い光沢に包まれており、透かし抜いた構成線をくっきりと浮かび上がらせている。 
保存刀装具鑑定書

保存

150,000

円(税込)

菊葉透図鐔 銘 紀州住貞命
菊葉透図鐔 銘 紀州住貞命