top of page

日本刀の販売 買取のご相談は日本刀専門店銀座⻑州屋

菊花透図鐔 銘 佐州住利貞

"Kikka" sukashi (Chrysanthemum)

1000_1000.fw.png

Toshisada

菊花透図鐔 銘 佐州住利貞
江戸後期 佐渡国 鉄地変り形高彫地透
縦七四・五㍉ 横七三㍉ 
切羽台厚さ五・五㍉ 特製落込桐箱入
保存刀装具鑑定書

Late Edo period / Sado provice
Iron
Height : 74.5mm Width : 73mm
Thickness at Seppadai : 5.5mm
Kiri box
Hozon

-

円(税込)

保存

1098

 佐州住と居住地を添える利貞は、江戸後期の佐渡を代表する鐔工の一人で、江戸でも製作しており、洒落た構成で鉄地に風物図を彫り表わす手法を専らとしている。この鐔も、大輪の菊花を個性的に図案化して葉と組み合わせ、左右非対称の美観を創出している。緻密に詰んだ鉄地を彫り込み、量感のある肉彫に表し、毛彫と点刻を加えて花弁の柔らか味を表現している。 
bottom of page