茗荷透図鐔 無銘 赤坂

江戸前期 武蔵国江戸
鉄地丸形地透 縦七八㍉ 横七六・三㍉ 
切羽台厚さ七㍉ 特製落込桐箱入

Akasaka

 赤坂鐔工独特の草体化した意匠の透かしにより、十字状に文様表現した鐔。鉄色黒く全体に渋い光沢があり、耳には赤坂鐔に特徴的な合わせ鍛えによる層状の鍛え肌と、筋状の鉄骨がくっきりと現れて覇気横溢。赤坂鐔工は京より江戸に出て栄え、粋なる言葉に通じる江戸文化の一端を創造したとも言い得る職人。本作のような十字形の構成は、二代目忠正に間々みられるものである。

特別保存

200,000

円(税込)

茗荷透図鐔 無銘 赤坂
茗荷透図鐔 無銘 赤坂