花唐草文図鐔 無銘 与四郎

Yoshiro

 応仁鐔に始まり、装飾手法に進化が見られた平安城象嵌鐔に続くのが与四郎鐔と呼ばれる一類。平滑に処理した鉄地に平象嵌の手法で、唐草文や欄間のような透しのある家紋を濃密に組み合わせた表現を特徴とし、「和泉守小池直正」あるいは「小池与四郎」と銘された鐔があることからこの呼称がある。花文を唐草と組み合わせたこの鐔は、特に鉄味が優れて掌中においても滑らかな質感が伝わり来る極上質の作。肉厚く重量があり堂々とし、色合いも黒々としており、渋い色調の真鍮地の模様を平地から耳にまで綺麗に浮かび上がらせている。
 特別保存刀装具鑑定書(与四郎)

特別保存

-

円(税込)

花唐草文図鐔 無銘 与四郎
花唐草文図鐔 無銘 与四郎