羊歯図鐔 無銘 古金工

室町後期
赤銅魚子地竪丸形高彫色絵金覆輪
縦75.6mm 横73.2mm 切羽台厚さ4mm
特製落込桐箱入
仕覆付

Ko-kinko

 清浄感溢れる鐔。裏白の呼称で正月飾りに用いられる羊歯は、健康な歯が並んでいるように見えることから長寿を暗示する植物として尊ばれてきた。この鐔では、古調に打ち蒔かれた漆黒の赤銅魚子地を背景に大きく広げた羊歯の葉を肉彫し、金の色絵を加えてさらに細部に鏨を打ち込み、細やかに連続する葉の特徴を鮮明にしている。祝いの席での拵に装着されていたものであろう、室町時代の高級武将の伝統的意識が窺いとれる。

特別保存

-

円(税込)

羊歯図鐔 無銘 古金工
羊歯図鐔 無銘 古金工