羅漢図鐔 銘 山城国伏見住金家

 鍛え強い鋼を薄手の竪丸形に仕立て、耳を打ち返して空間を切り取り、地鉄は鍛えた鎚の痕跡が明瞭で、修行僧の闊歩する荒野を想わせる肌合い。羅漢の身体は同じ鉄を用いた共鉄象嵌、眼窩が窪んで厳しい表情を示す顔と仏舎利は銀の高彫象嵌、要所に金の点象嵌を加えている。裏面は金家に間々みられる京近郊と思しき山水風景図で、釣り人もまた共鉄象嵌。波は毛彫。ゆったりと連なる山並みは、その端が穏やかに霞み込んでおり、これも金家の特徴である。
 羅漢の目線は、自らが前にささげている仏舎利を通して遥か遠くに結ばれているようだ。数十年の長きに亘って修行を重ねてもなお、師と仰ぐ釈迦は見えてこない。民衆から羅漢と呼ばれて敬愛されてはいても、釈迦と同じ観念世界には永遠に到達できないのではないだろうか、と苦悩する表情が窺いとれるのである。

Ginza
Choshuya

日本刀専門店

月曜日ー土曜日 
9:30−17:30

〒104-0061 東京都中央区銀座3−10−4

電話番号 : 03-3541-8371
FAX : 03-3541-8379
株式会社 銀座長州屋

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード