繋牛透図鐔 無銘 古正阿弥

 鉄鐔を専らとした金工の流れを遡ると、その一つに室町時代の正阿弥派(古正阿弥)がある。鍛え強い鉄地に京の雅を秘めた様々な透かしを施す作風で広く好まれ、後に各地に移住して栄えている。尾張の雰囲気を湛えるこの双牛透かしの鐔は、一部に朽ち込みはあるも鉄色黒く、鍛えた鎚の痕跡も明瞭に、地鉄に力強い景色を生み出している。時代の上がる正阿弥の構成美と、実用鐔の魅力が溢れている。 
保存刀装具鑑定書(古正阿弥)

Ginza
Choshuya

日本刀専門店

月曜日ー土曜日 
9:30−17:30

〒104-0061 東京都中央区銀座3−10−4

電話番号 : 03-3541-8371
FAX : 03-3541-8379
株式会社 銀座長州屋

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード