top of page

日本刀の販売 買取のご相談は日本刀専門店銀座⻑州屋

竹虎透図鐔 無銘 薩摩

"Take & tora"

1000_1000.fw.png

Satsuma

竹虎透図鐔 無銘 薩摩
江戸後期 薩摩国
鉄地竪丸形
肉彫地透象嵌
縦七三㍉ 横七〇㍉ 
切羽台厚さ六㍉
上製落込桐箱入

Late Edo
Satsuma provinceNikubori tatemaru kata
Height: 73mmWidth: 70mm
Thickness at seppadai : 6mm
Wooden box
Hozon certificate

-

円(税込)

保存

946

 竹林に潜んで獲物に狙いを定める虎の姿を捉えた、薩摩金工独特の造り込みになる鐔。素材は激しい打ち合いに耐える強靭な鉄地。色合い黒く光沢が強く、肉厚く地造りされて頑強な印象があり、操作性から小振りに仕立てられている点も薩摩風。竹の幹を意匠した厚手の耳に竹の節が鉄骨風に骨太な感がある。量感豊かに彫り出された虎も薩摩の色合いが濃く、所々に施された金の布目象嵌が活きている。薩摩金工で虎の図を得意としたのは小田派や小野田派。
bottom of page