瑞雲唐墨散図鐔 金象嵌花押 仙台

江戸後期 陸奥国 late Edo period / Mutsu province
赤銅石目地高彫平象嵌 made of Shakudo, inlay work
縦70.5mm at Length 横66.9mm at Width 
切羽台厚さ4.8mm at Thickness
特製落込桐箱入 Special Kiri box
保存刀装具鑑定書(仙台) "Hozon" (Sendai)

Sendai

 赤銅石目地に、金の平象嵌で文様化された図柄を濃密に施すを得意としたのが仙台清定一門。唐墨を題材としたこの鐔も、高い象嵌技術が示されている。耳際に紗綾形文と雨龍文を金と銀の平象嵌で廻らして濃淡のある装飾とし、量感を持たせた地面を変化に富んだ石目地に仕上げ、瑞雲文と唐墨を繊細な金と銀の平象嵌で表している。筋立つような金の線象嵌で唐墨の縁取りをしているところに清定の特質が示されている(注)。 

 注…清定と思われる花押が施されている。

保存

150,000

円(税込)

瑞雲唐墨散図鐔 金象嵌花押 仙台
瑞雲唐墨散図鐔 金象嵌花押 仙台