top of page

日本刀の販売 買取のご相談は日本刀専門店銀座⻑州屋

源氏物語 葵図鐔 銘 和田一真門 安達幽斎真早(花押)

"Aoi" (form Genji Monogatari)

1000_1000.fw.png

Mahaya

源氏物語 葵図鐔 銘 和田一真門 安達幽斎真早(花押)
江戸時代後期 山城国京都
真鍮地木瓜形高彫色絵
縦 65.8mm 横 60㎜ 切羽台厚さ 3㎜
上製落込桐箱入

特別保存刀装具鑑定書

Late Edo period
Kyoto, Yamashiro province
Brass
Height: 65.8mm Width: 60mm
Thickness at seppadai: 3mm
Kiri box
Tokubetsuhozon

-

円(税込)

特別保存

93

 安達幽斎真早は後藤一乗の高弟和田一真の門人。強弱変化に富んだ片切彫平象嵌と、精巧で緻密な高彫表現の二様がある。この鐔は『源氏物語』の葵の段に取材し、高彫色絵表現と片切彫平象嵌を巧みに組み合わせた瀟洒な描法。穏やかな打返耳で切り取られた画面は、磨地仕上げの真鍮地で色合い明るく冴え冴えとし、一際光沢が強い。源氏を待つ従者と牛の表情も細やか。裏には一本杉と、その根元に葵の叢を描いて、葵の場面を印象付けている。各部の彫が正確で美しい。
bottom of page