源氏物語野々宮図鐔 無銘 山崎派

江戸後期 山城国京都 late Edo period / Kyoto city, Yamashiro province
赤銅魚子地竪丸形高彫色絵 made of Shakudo
縦73.3mm at Length 横67.2mm at Width 
切羽台厚さ4.5mm at Thickness
上製落込桐箱入 Special Kiri Box
保存刀装具鑑定書(山崎派) "Tokubetsu-hozon" (Yamazaki school)

Yamazaki school

 後藤就乗に学んで一家を成し、清楚な作風で人気の高い山崎一賀一門の作風が表れている鐔。我が子に伴って伊勢に下ろうとする六条御息所を野々宮に訪ねた光源氏であったが、ついに会うことは叶わなかった『源氏物語 賢木』に取材した作。質素ながら神々しさに包まれた野々宮の鳥居と、華麗ながら寂しさが漂う源氏の車が、粒の揃った漆黒の赤銅魚子地に肉高く精巧に彫り出され、金の色絵も琳派の絵画を見るように美しい。

保存

250,000

円(税込)

源氏物語野々宮図鐔 無銘 山崎派
源氏物語野々宮図鐔 無銘 山崎派