武鑑透図鐔 無銘 林重光  (肥後)

江戸初期 early Edo period 肥後国 Higo province
鉄地木瓜形毛彫地透 made of iron
縦81.2mm at Length 横76mm at Width 切羽台4.7mm at Thickness
特製落込桐箱入 Kiri Box
特別保存刀装具鑑定書 "Tokubetsu-hozon" (Shigemitsu)

Shigemitsu

 肥後金工を代表する初代林又七の子で、林二代目を継いだ重光の作と極められている、緊張感に満ち満ちた鉄味が魅力の鐔。
林一門の特質はこの鉄地にあろう。微細な石目地に仕上げられた鉄地は色合い黒く、渋い光沢に包まれてねっとりとした質感があり、掌中において障りがなく、実用を突き詰めた武器の一部であることが窺いとれる。家紋散しの文様は陰陽に意匠されてすっきりとし、加えられている毛彫にも重光の特徴が現れている。

特別保存

-

円(税込)

武鑑透図鐔 無銘 林重光  (肥後)
武鑑透図鐔 無銘 林重光  (肥後)