梶葉破扇図鐔 銘 間

江戸中期 伊勢国亀山
鉄地真丸形鋤下彫金砂張象嵌
縦78mm 横77mm 切羽台厚さ5.5mm
特製落込桐箱入

Hazama

 近江国国友鉄炮鍛冶の出になる間は、銃身への象嵌を鐔の装飾に活かした技術集団。中でも貞栄等は伊勢国亀山の松平家に抱えられている。砂張象嵌は、鋤き込んだ文様部分に溶融させ銅、鉛、鈴などの合金を流し込んで意匠としたところに特徴がある。また鉄を鍛える高い技術も備えている。この鐔は、緊密に詰んだ鉄地を八方に筋立つ構造とし、砂張象嵌に加えて鮮やかな金平象嵌をも加味している。砂張部分は独特の虫食い状に窪みがあって自然な景色を成し、色鮮やかに際立つ金平象嵌と対比の美観を生み出している。

特別保存

500,000

円(税込)

梶葉破扇図鐔 銘 間
梶葉破扇図鐔 銘 間