梅車透図鐔 無銘 古赤坂

Ko-akasaka

 江戸時代前期の初、二、三代には在銘作がなく、しかもその古調な風合いが感動を呼ぶことから、古赤坂(こあかさか)と尊称されている。八方に細い線を構成して梅花を配した作。地鉄の色は紫錆の呼称があるように、黒の中に渋い色調が混じって質朴な印象。微細な石目地で渋い光沢に包まれている。 
保存刀装具鑑定書(古赤坂)

特別保存

-

円(税込)

梅車透図鐔 無銘 古赤坂
梅車透図鐔 無銘 古赤坂