桐図鐔 銘 久法

Hisanori

 安定感のある木瓜形の四方に花弁のように州浜を配し、それらの縁を金と銀の布目象嵌で装った、京で育まれた文様文化が主題の、品位が高く美しい鐔。真鍮地は表面に微細な皺状の肌模様(注)が浮かび上がっており、埋忠明壽にもみられる特徴。金は頗る鮮やかで、銀は独特の深みのある光沢、それらの特性を活かしているのが真鍮地であろう。
保存刀装具鑑定書(埋忠)

保存

-

円(税込)

桐図鐔 銘 久法
桐図鐔 銘 久法