top of page

日本刀の販売 買取のご相談は日本刀専門店銀座⻑州屋

桐唐草文に九曜紋図鐔 無銘 柘植吉勝

Paolonia, Kiyo-mon and alabesque pattern tsuba unsigned Tsuge Yoshikatsu

1000_1000.fw.png

Yoshikatsu

桐唐草文に九曜紋図鐔 無銘 柘植吉勝
江戸後期 肥後国
赤銅石目地木瓜形薄肉彫土手耳
縦85mm 横81mm 切羽台厚さ5mm
特製落込桐箱入

Late Edo period Higo province
Shakudo
Height: 85mm
Width: 81mm
Thickness at seppadai: 5mm
Special kiri box

300,000

円(税込)

保存

85

 肥後金工というと、林などの渋い鉄地を思い浮かべるが、重厚な風合いの赤銅地に繊細な彫刻を施した鐔もある。柘植吉勝の本作が典型でしかも極上の仕立て。土手耳を廻らした木瓜形とし、鐔全面に桐唐草と細川家が用いた九曜紋を薄肉に表現している。この薄肉彫こそ、平田彦三などが得意とした酸による腐蝕によって文様を表す技法。彫り際が微妙に揺れてしかも複雑なその様子は魅力的。本作は小柄笄の櫃穴に金の内覆輪を施して美観をさらに高めている。
bottom of page