林和靖図鐔 銘 弘親

Hirochika

 梅と鶴を愛し西湖畔に庵を設けて独居したという宋代の詩人林和靖を、水戸金工独特の正確な図柄構成と精緻な鏨使いで彫り描いた鐔。鉄地に高彫と鋤彫が鋭く、彫り際の線が立ち、人物描写の精密さも水戸金工ならではのもの。林和靖と子供の顔つき、佇む姿態、もちろん指先まで動感豊かに、しかも繊細。飛来する鶴の様子も、柔らか味のある羽毛に包まれているようで、ここも精密。打越弘親は善太郎と称し、弘壽の門人。江戸にも居住している。

特別保存

250,000

円(税込)

林和靖図鐔 銘 弘親
林和靖図鐔 銘 弘親