top of page

日本刀の販売 買取のご相談は日本刀専門店銀座⻑州屋

春秋雪華散図鐔 銘 城州西陣住埋忠橘重義

”Shunju Sekka chirashi"

1000_1000.fw.png

Shigeyoshi

春秋雪華散図鐔 銘 城州西陣住埋忠橘重義
江戸中期 山城国京都西陣
鉄地木瓜形高彫象嵌
縦82.6mm 横74mm
切羽台厚さ4.9mm
上製落込桐箱入
特別保存刀装具鑑定書

Late Edo period
Nishijin, Kyoto, Yamashiro province
Iron
Height : 82.6mm Width : 74mm
Thickness at Seppadai : 4.9mm
Kiri box
Tokubetsu hozon

-

円(税込)

特別保存

44

 山城国西陣に栄えた埋忠家は、文様美を極めた明寿によって遍く知られ、その後の金工の基礎を成した芸術集団の一つでもある。中でも埋忠重義は、京の七左衛門の他にも同銘工が江戸や明石で活躍しているように埋忠家の基幹を成す存在であった。この鐔は、桜楓に降りかかる雪を自然風景の一部として捉え、重義らしい品位高い構成で文様表現した作。地鉄は色合い黒く、鋤き込まれた痕跡が地面に氷割文のように残されて景色となり、高彫に金銀の布目象嵌でふっくらとした雪輪が桜楓模様と組み合わされている。
bottom of page